logo

【ためしてガッテン】認知症、治るタイプ大発見SP  今夜よる8時放送です!!

NHK 2012年02月22日 11時54分 [ NHKのプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


【ためしてガッテン】笑顔が戻った!認知症 治るタイプ大発見SP(仮)
2月22日 (水) 午後8時 ~ 8時43分
(再)2月29日 (水) 午前0時15分 ~ 0時58分

大切な家族が、認知症になってしまった・・・。でもあきらめないで。実は「ある病気」が原因の認知症であれば、すべての症状を、わずか数日で劇的に改善することができる可能性が!しかもその病気は、全国で30万人以上も患者がいるのに、実際に治療を受けているのはごくわずか。その病気かどうかを一発で見分ける方法を大公開する。さらには、頭をぶつけた覚えがないのに脳に血の塊ができて、認知症そっくりの症状が現れる「不思議な病気」の知られざる実態をご紹介!

認知症と思っていたら・・・驚きの復活ドキュメント
「ものが覚えられない」「会話が上手にできない」。こうした症状を引き起こす病気として、まず思いつくのは「アルツハイマー型認知症」だ。しかし実は、なんと30万人以上もの人が、「特発性正常圧水頭症」というまったく別の病気が原因で認知症になっている。この病気、アルツハイマーとは違い、実は治療によって症状が劇的に改善する可能性があるのだ!番組では、わずか2日で元気になった患者さんの密着ドキュメントをご紹介。

なんと!「頭の水」が認知症の原因!?
実は、頭蓋骨の中は、「脳脊髄液」という液体で満たされている。ところが、「特発性正常圧水頭症」の患者は、何らかの理由でこの脳脊髄液が多くなってしまい、脳を圧迫、認知障害などの様々な症状が現れてしまうのだ。体内で動く脳脊髄液をとらえたテレビ初公開の映像などで、この病気の仕組みを分かりやすく紹介。また、この病気かどうかを見分けるのは、ずばり「歩き方」!そのポイントを詳しく伝える。

「コツン」と頭をぶつけただけで“認知症”に!?
もう1つ、認知症と大変間違えられやすく、しかも治療が可能な病気がある。それが「慢性硬膜下血腫」。知らないうちに脳の硬膜付近に血がたまり、それが脳を圧迫することで発症する。出血の原因は頭を打つなどの衝撃・外傷がほとんどだが、驚くべきは、「鴨居(かもい)に軽くぶつけた」「タクシーの天井に軽く当たった」程度でも発症すること!本人は全く心当たりがないのに認知症のような症状が現れ、しかも放置すると命にかかわることも!これも検査で診断さえつけば、手術で完治できる。

(番組内容は予告無く変更になる場合があります。)

番組名:ためしてガッテン
タイトル:笑顔が戻った!認知症 治るタイプ大発見SP
放映日:2月22日(水曜)午後8時放送
ゲスト  中村玉緒、徳光和夫、山瀬まみ
リンク
(番組内容は予告無く変更になる場合があります。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。