logo

ジンテック:業界初 保険事業者向けユーザビリティ診断サービス「Dr.ユーザビリティ」の提供を開始


電話番号をキーとした顧客情報データメンテナンスソリューションで保険業界に知見のある株式会社ジンテック(以下ジンテック、本社:東京都千代田区、代表取締役:柳 秀樹)とWEBサイトの効果測定事業を軸に事業を展開しているインターメント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:黒崎 武昭)はこのほど、保険業界向けWEBユーザビリティ診断サービス「Dr.ユーザビリティ」の提供を両社共同で2012年3月1日より提供することとなりました。


「Dr.ユーザビリティ」は、ユーザーがWEBサイトをどのように操作しているかを分析、可視化することができます。具体的には、ラボ型・リモート型のユーザーテストを実施しPCサイトやスマートフォンサイトでの操作にストレスを感じていないか、どのような操作をしているか、目線の動きなど調査します。業界初の取り組みとして、重要性の高まるスマートフォンサイト向けにユーザーの指の動きをとらえる3次元キャプチャーを利用し、指先の操作を把握することが可能です。


これらの調査データに基づきサイトの有効性、効率性、満足度の状況や度合いを分析します。本サービスの利用により企業はサイトの現状をユーザー目線で把握し、成果を向上させる方法を導き出すことができます。保険事業者様が「Dr.ユーザビリティ」を活用する事で、わかりやすい、操作しやすいサイトを構築する事をサポートします。2012年の目標は、20件を見込んでいます。


導入イメージは、(1)評価依頼、(2)モニター調査、(3)集計・分析、(4)評価レポート提出の4ステップです。依頼を受けてから約1カ月程度で評価レポートを提出いたします。


詳細は2012年2月29日(水)「ネット生保の顧客戦略セミナー」で発表します。本セミナーでは保険業界を革新するライフネット生命出口社長、ネクスティア生命今井社長がご登壇されます。


【特徴】

・ラボ型ユーザーテスト(有効性、効率性の評価)
 アイトラッキング、スマートフォンの指の動きをとらえる3次元キャプチャーなど最先端のシステムで利用状況を調査。

・リモート型ユーザーテスト(効率性、満足度の評価)
 回答時間、閲覧画面、キーボード、マウスなどの操作ログを調査。

・アンケート型ユーザーテスト(満足度、効率性の評価)
 アンケートから好感度、満足度、理解度などを調査。

評価結果は利用ユーザー層×利用目的×使用機器によって変動するという観点から、主観的な意見を排除し、ユーザー調査によるデータ分析のみ客観的に行います。


【価格】

「PCお問い合わせページユーザビリティ診断」   60万から
「スマートフォンサイトユーザビリティ診断」    120万から

【お問い合わせ】

株式会社ジンテック ソリューション営業本部
Tel: 03-5276-3301
リンク

インターメント株式会社 
Tel: 03-6459-3542
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。