logo

ビットアイル Windows Server® 環境に最適化されたプライベートクラウドサービスを開発・提供

~最新のSystem Center 2012とHyper-V® を採用~

株式会社ビットアイル(代表取締役社長兼CEO:寺田航平 本社:東京都品川区 以下ビットアイル)は、「Cloud ISLE」ブランドで展開するクラウドサービスに、マイクロソフト社のWindows Server® 環境に最適化されたプライベートクラウドサービスを開発し、提供することを発表いたします。

今回、発表する「CLOUD CENTER for Windows」は、マイクロソフトが今春リリースする最新のSystem Center 2012とWindows Server® 2008 R2で提供されるHyper-V® 2.0を活用し、Windows Server環境で稼働するシステムの構築・運用に最適化されたクラウドサービスです。「CLOUD CENTER for Windows」は、ビットアイルのデータセンター内に構築された、高性能・高可用性のクラウドサービス基盤(注1)上で、利用企業毎に、サーバリソースおよびハイパーバイザー「Hyper-V」とクラウド管理ツール「System Center」を個別に提供することにより、各社が自社の運用ポリシーに従い、仮想環境の構築と制御、仮想環境の監視と最適化、システムテンプレートの作成、ライブマイグレーションの実行、PtoV・VtoVなどが可能な、プライベートクラウドとして提供されます。
「CLOUD CENTER for Windows」は、2012年2月28日にクローズドβサービス提供を開始します。正式サービス提供は、System Center 2012の提供開始後を予定しています。

■「CLOUD CENTER for Windows」開発の背景
近年急速に利用が拡大しているクラウドコンピューティングは、インターネットに公開するシステムだけでなく、一般企業の基幹・業務システムなど情報システム用途、いわゆる社内システムにも浸透してきています。特に、社内システムのクラウド活用においては、他社との共用環境で稼働するパブリッククラウドより、自社専用の管理性やセキュリティを備えた「プライベートクラウド」に対して大きなニーズがあります。
また、社内システムの多くは、マイクロソフトのサーバ製品 Windows ServerならびにSQL Server®
などをベースに構築されている場合が多く、そうしたシステムに適した運用・管理を実現するクラウドサービスを求める顧客の声が非常に多い状況です。
ビットアイルは、これまで、仮想化基盤ソフトとしてVMwareを活用したクラウドサービス「サーバオンデマンドNEXT」を提供してまいりましたが、顧客企業のインフラの構築・運用ニーズへの多様化に対応し、より最適な選択肢を提供するため、「CLOUD CENTER for Windows」を開発・提供するに至りました。


■System Center 2012を採用した理由
・System Center 2012は、マイクロソフトのテクノロジと統合されたプライベートクラウド管理ソリューションであり、Windows Serverと連携して、リソースの最適化(クラウドバースト)の促進が可能。
・Windows ServerやSQL Serverなどのマイクロソフト製品の管理を大幅に簡略化することが可能。
・物理環境および仮想化環境に関係なく、稼働しているアプリケーションやサービス、オペレーティング システムなどを一貫性のある管理コンソールから管理操作を実行することが可能。
・Linux系OSに対する運用管理機能に加え、VMware、Xen Server(注2)などの Windows Hypervisor 以外の仮想化テクノロジの統合管理に対しても対応が可能。
・System Center 2012の相互に連携・統合された各製品を活用することで、バックアップと復元、ソフトウェアの展開、IT 資産の構成管理、運用の自動化など広範なIT運用管理を統合的に効率化することが可能。

■「CLOUD CENTER for Windows」の特長
・Windows Server環境の運用管理に最適なプライベートクラウドをサービスとして利用
 マイクロソフト製品であるSystem Center 2012ならではの、Windows Server、SQL Serverなどのマイクロソフトテクノロジとの親和性による、他のプライベートクラウド管理ソリューションでは実現できない高い管理性を実現します。また、Linuxなどのマイクロソフトテクノロジ以外の異種プラットフォームの運用管理にも対応できます。
・データセンター事業者ならではの自由度の高い構成の実現
 ビットアイルデータセンターのコロケーションラック内のシステムとの連携、オンプレミスシステムとの連携など、柔軟なネットワーク構成を実現できるため、利用企業の多様なシステム構成に対応できます。
・高パフォーマンスと高可用性を提供
 「CLOUD CENTER for Windows」の基盤となるクラウドサービス基盤は、FCoEやストレージ仮想化などの先進的な技術により、高いパフォーマンスを実現しています。また、ネットワーク・ストレージは、全て冗長化され、かつ、「CLOUD CENTER for Windows」で提供されるホストサーバをクラスタ構成にすることで高い可用性を提供します。
・マイクロソフトサーバ製品のライセンスをSPLA(Microsoft Services Provider License Agreement)で提供
 「CLOUD CENTER for Windows」のホストサーバは、Windows Server Datacenter Editionをサービス基盤として利用しているので、Windows ServerをゲストOSとして利用する場合には、追加のOSライセンス費用が必要ありません。
 また、「CLOUD CENTER for Windows」上で稼働するマイクロソフト製品のソフトウェアライセンスは、SPLAにより、月額課金のサブスプリクションモデルで提供されます。利用期間に応じた課金となり、マイクロソフト製品のソフトウェアライセンスコストを最適化することが可能です。


■「CLOUD CENTER for Windows」の展開について
「CLOUD CENTER for Windows」は、2012年2月28日に、System Center 2012 Virtual Machine ManagerのRC版を利用した、クローズドβサービスにより検証プログラムをスタートします。
正式サービス開始は、マイクロソフトからのSystem Center 2012 Virtual Machine Manager 提供後を予定しており、正式サービス開始以降、Configuration Manager 2012、Operations Manager 2012などのSystem Center 2012の各製品を追加し、プライベートクラウドの管理をより高度かつ簡略化するソリューションを提供していく予定です。

今後の展開の詳細につきましては、下記のCLOUD CENTER for WindowsのWebページで紹介していきます。
リンク


※2012年3月5日にマイクロソフト社と共催で、「CLOUD CENTER for Windows」に関するセミナーを実施いたします。詳細は、以下のURLをご参照下さい。
リンク

■マイクロソフト様からのエンドースメント

この度のビットアイル様による "CLOUD CENTER for Windows" の発表を心より歓迎申し上げます。このサービスでは、マイクロソフトのHyper-Vクラウドの特徴を活かして、①社内で利用しているWindows Serverをそのままクラウドに移行できる、②System Center 2012 の権限の部分委譲機能によりアプリケーションの運用だけを切り出してユーザ部門に任せられるなど、より少ない工数でITサービスの運用を行うことが可能です。これらの先進的な機能によって、企業のお客様のIT環境におけるクラウドの導入と活用がより一層加速するものと期待します。

日本マイクロソフト株式会社
サーバープラットフォームビジネス本部
業務執行役員 本部長 梅田成二



ビットアイルは、今後も企業のクラウドコンピューティングの活用を促進し、インフラ面から企業のTCO削減に貢献するきめ細かなサービスを提供し、企業の戦略的なIT活用を支援してまいります。

                                          以上



(注1)ビットアイルのクラウド基盤については、以下のプレスリリースをご参照下さい。
     リンク
     「クラウドサービス“Cloud ISLE”の次世代基盤を構築」(2010年11月9日)

(注2)VMwareの場合は、お客様環境下にあるvCenter ServerとESXi Sererが必要になります。
    Xen Serverについても同様にお客様環境下にあるXen Serverが必要になります。

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【株式会社ビットアイル会社概要】
株式会社ビットアイルは、①インターネットデータセンター(iDC)の運営等を行うiDC サービス、②ハードウェアからソフトウェアまでの運用サービス、監視サービス、セキュリティサービス、レンタルサービス等を提供するマネージドサービス、③システムインテグレーションサービス、エンジニアリングサービス等を提供するソリューションサービスという3つのサービスにより、顧客のニーズに合致したあらゆるIT サービスを、ワンストップ(顧客のストレスを最小化)で、可能な限り月額課金化(顧客が利用しやすいサービス形態)して提供する「総合ITアウトソーシング」事業を展開しています。

社名 : 株式会社ビットアイル(JASDAQ:3811)(英文表記:Bit-isle Inc.) 
所在地 : 東京都品川区東品川2-5-5
設立 : 2000年6月
資本金 : 27 億 3,809 万円(2011年10月31 日現在)
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 寺田 航平
URL : リンク


<本リリースに関するお問合せ先>
社長室
TEL: 03-5782-8722
e-mail: ir@bit-isle.co.jp


<サービスに関するお問合せ先>
マーケティング本部サービス開発部
TEL: 03-5782-8726
e-mail: sales@bit-isle.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。