logo

ポジティブワン、テキサス・インスツルメンツ製プロセッサOMAP4460(ARM-Cortex A9デュアルコア1.5GHz)搭載ポードコンピュータをラインナップ

ポジティブワン株式会社 2012年02月01日 13時00分
From DreamNews

テキサス・インスツルメンツ製ARM Cortex-A9デュアルコア採用したOMAP4460プロセッサ搭載のVariscite製産業用システムオンモジュールをラインナップしました。産業用仕様としてOMAP4シリーズのボードコンピュータとして販売するのは世界初となります。

OMAP4460(1.2GHz)とOMAP4460(1.5GH)の2つのシステムオンモジュールをラインアップしました。これらの共通機能として、グラフィックコアとして、PowerVR SGX540の2D及び3Dアクセラレータ、NEON SIMDコアプロセッサ、最大1080pと1080pステレオピックをサポートしたIVA3マルチメディアアクセラレータを内蔵しております。RAMのメモリ容量は、512MBもしくは1024MB(LPDDR2)を購入時に選択可能となっており、マイクロSDソケットを有して、SDカードにブートイメージ及びOSを含むストレージが可能な仕様となっております。
ディスプレイ・インターフェースとしては、WXGA(24bpp)解像度サポート、HDMI(1080p)、4線方式タッチパネルをサポートしております。オーディオ・インターフェースとして、ライン入力、ステレオヘッドフォン出力、デジタルマイク、SRDIF出力をサポートしております。ネットワーク系インターフェースとして、1000Mbpsイーサネットコントローラ、Wi-Fi 802.11 b及びg及びn、Bluetooth v2.1 EDRをサポートしております。
その他、3チャンネルSD及びMMC及びSDIOインターフェース、2チャンネルのHS USB2.0ホスト、HS USB2.0 OTG、2チャンネルのCSI、CPI、20 MPメインカメラ及び12 MPステレオ(デュアル・カメラ)、McBSP、SPI、I2C、3チャネルUART(最大3.6Mbps)をサポートしております。これらの機能が、38.5mm×67.8mm×3.7mmの小型サイズのなかに収まっております。既に、ソフトウエアとして、Linux3.1、Android ICS、Ubuntu Oneiric11.10をサポートしており、これらのBSP及びOSイメージが提供されます。

このようなシステムオンモジュールを利用して動作可能なベースボード(インターフェースボード)やタッチパネルを準備しており、すぐに、アプリケーションの開発を始めることが可能です(POC-DIMM-OMAP44xxシステム開発キット)。最終的には、お客様の使用に応じたベースボードをお客様自身もしくは弊社が受託開発として請負、OEM製品として組み込みことをターゲットとしております。

最近、さらにARMプロセッサ技術革新が大きく、メモリ周りを含めた回路設計が非常に困難となってきております。その中で、生産性と安定性、テスト期間短縮を目指した場合、システムオンモジュールを利用しようとするニーズが高まってきております。

ポジティブワンは、このようなニーズに答え、デジタルサイネージ、マルチメディア装置、IPモバイルフォーン、PNDなどの法人向け特殊製品や監視装置、カメラ入力出力システム、画像認識などのアプリケーション開発と最終製品のニーズに答えるソリューションとしてご提供を致します。



ポジティブワン株式会社について
ポジティブワン株式会社は、エンベデッド・システムインテグレータとして、グローバル・スタンダードな高耐用性・高信頼性の各種ボード、ソフトウェア、開発ツール等を販売すると同時に、エンベデッドからPC、モバイル、サーバーを含むアプリケーションの受託開発を受けることが可能です。最適なシステム提案を行い、お客様に、よりご満足いただけるソリューションカンパニーを目指しております。

当ニュースに関するお問い合わせ窓口
ポジティブワン株式会社
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティ・ウエスト22F
Tel: TEL 03-5330-8648 FAX 03-4360-5301
E-mail:poc_sales@positive-one.com URL:リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。