logo

ウイングアーク、BIソリューション「Dr.Sum EA Datalizer Ver4」出荷開始

大規模・大容量データに対応する分析集計の高速化、 英語、中国語(簡体)に対応し、加速するグローバルビジネス展開を促進

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、BI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」の情報活用・可視化ツールの新バージョン「Dr.Sum EA Datalizer Ver4(ドクターサムイーエー データライザー)」を発表し、1月27日より出荷開始いたします。

「Dr.Sum EA Datalizer Ver4」は大量データの高速処理・表示性能、アプリケーションのグローバル利用対応、そして利用者の快適なデータ活用基盤を提供するためのレポート・ユーザビリティ機能を重点的に強化いたしました。大容量化が進むデータ量や、海外ビジネス拠点の拡大による情報提供のグローバル化、普及が本格化するクラウドサービス環境への対応など、「Dr.Sum EA Ver4」は企業を取り巻く環境の変化に対応してまいります。


「Dr.Sum EA Datalizer Ver4」強化機能

■大規模システムを支える分析集計スピードの向上
・高速集計性能とサロゲートペアの対応を行い、さらに進化を遂げた「Dr.Sum EA Ver4データベース」に最適化された集計・表示性能を実装し、最大38%の集計スピードの性能向上を実現 ※1)

※1)当社調べによる。「Dr.Sum EA Datalizer Ver3 SP2」と「Dr.Sum EA Datalizer Ver4」を性能比較した場合。検証データ1億件とし、6334行×64列のクロス集計表のパフォーマンス検証。

■加速するグローバルビジネスへの対応
・日本語WindowsOSに加え、英語、中国語(簡体)WindowsOSでの動作に対応。海外拠点からのクライアント利用や海外のデータセンターでのサーバー設置など、国内、海外を問わない拠点運用を可能に。

・クライアント表記は、日本語に加え、英語、中国語(簡体)に対応。各クライアントの設定で切り替えし、メニューおよび集計結果表の合計・総合計を表示のマルチロケールを実装し、海外拠点のIT環境にあわせることが可能。また、サロゲートペア対応など、拠点をいとわないグローバル展開を支援

■レポート表現力の向上、ユーザビリティの強化
・定義の作成から集計出力までの機能を、統合メニューとして提供 「DatalizerClient(データライザー クライアント)機能」
集計を即時に実行するクライアント統合機能を実装。メニューに集計表を登録し簡単に実行できるランチャー機能や、クライアントのアップデートを省略化する更新機能、管理者からのメッセージを通知するRSSなどを実装。

・従来では表現しづらかった帳票のイメージが作成可能に。
会計データの活用としては、勘定科目毎のセグメント別集計レポートを出力するだけでなく
損益計算書のような業務レイアウトをイメージしたレポートの出力や、在庫データを活用し、
商品等の在庫推移を時間別グラフと合わせレポートとして出力できるなど。

・Microsoft Excel固有の条件書式機能を設定可能に。具体的には、セルのデーターバーのグラデーションの濃淡での状況表示による把握や、Excelのセル色が変更可能など、強弱を視覚化するインターフェイスを提供。また、条件書式設定の強化によるアイコン表示により、一目で達成状況を把握可能。

・チャートOLAP(オンライン分析処理)ツール「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart(ドクターサムイーエー データライザー モーションチャート)」でのダイナミックなPDF(Acrobat Reader)出力操作が可能に

・管理強化の観点から、Excelで利用する定義ファイル、Webで利用する定義ファイルの共通管理を実装し一覧管理を強化。これにより管理工数の大幅削減を実現


・クライアントのプラットホームを強化し以下に対応
OS:Windows XP ~Windows7(x86,x64)
表計算ソフト:Excel2003, 2007, 2010(x86,x64)

<価格>
Dr.Sum EA Datalizer Expert 250万円(税別/1サーバー)
Dr.Sum EA Datalizer Professional for Web 150万円(税別/1サーバー)
Dr.Sum EA Datalizer for Web 100万円(税別/1サーバー)
Dr.Sum EA Datalizer for Excel 50万円(税別/1サーバー)
Dr.Sum EA Datalizer MotionChart 100万円(税別/1サーバー)
※詳細についてはお問い合わせください。

「Dr.Sum EA Ver4」詳細については下記URLをご参照ください。
 リンク



■「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」とは?
「絶対現場主義BI」を掲げるDr.Sum EAは、一般社員から部門マネージャー、経営者まで、あらゆる現場での情報活用ニーズを支える情報活用ソフトウェア基盤です。Dr.Sum EAはさまざまな企業システム内に蓄積された膨大な情報を統合し高速かつ柔軟な多次元集計分析、情報の可視化環境をワンストップソリューションで提供します。
Dr.Sum EAの導入実績:3,030社/5,600サーバー(2011年2月現在)
日本国内BIツール市場シェア(出荷数量ベース) No.1
出所:株式会社富士キメラ総研 「2010 パッケージソリューション・マーケティング便覧」



[ウイングアークテクノロジーズについて] リンク
「Form&Data」のウイングアークテクノロジーズは、企業の情報活用を支援することで、システム開発や業務の生産性の向上、企業の競争力強化を支援します。経営を支える情報システムが構築・運用する、さまざまな業務システムのアウトプット環境をオープン化し、効率的な情報活用を実現する帳票およびBIのソフトウェアとサービスの販売、導入支援、保守サービスを提供しています。1stホールディングスグループの販売主幹企業として、帳票およびBI市場のソリューションを提供しています。
・「SVF」 【帳票総合基盤】帳票システムの基盤化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」 【BI・データ活用基盤】高速なデータの集計・分析と可視化
・「MotionBoard」【情報活用UI基盤】様々なデバイスに対応する情報活用ダッシュボード


[1stホールディングスグループについて] 
リンク
1stホールディングスグループは、企業システムの情報アウトプット環境に着目し、その分野に特化した独創的なテクノロジーとソフトウェア、そして人的支援サービスをご提供して、情報活用に応える情報システムの支援に取り組んでいます。
(ウイングアークテクノロジーズ株式会社、株式会社エフ・アイ・ティ、ディジタル・ワークス株式会社、株式会社フォー・クルー、文雅科信息技術(上海)有限公司、バリオセキュア・ネットワークス株式会社および持株会社である1stホールディングス株式会社の7社は、「1stホールディングス」グループとして、グループ経営体制の構築と連携強化を推し進めております)


※ウイングアーク「わっとちゃん」のつぶやき 
リンク
 ウイングアークの「わっとちゃん」が日々の出来事をつぶやいております。

<製品・サービス関するお問合せ先>
ウイングアークテクノロジーズ株式会社  
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5 1st渋谷ビル
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

<本件に関するお問合せ先>
1stホールディングス株式会社 兼 ウイングアークテクノロジーズ株式会社
広報担当 山本
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:pr@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。