logo

VOYAGE GROUP、「第2回 ポイント運用指数調査(2011年下半期)」を実施

プレスリリース
2012年1月26日
株式会社VOYAGE GROUP
-----------------------------------
VOYAGE GROUP、「第2回 ポイント運用指数調査(2011年下半期)」を実施
堅実な県民性がポイント運用にも影響!?
ポイント運用上手第1位は、下半期も「香川県」!
-----------------------------------


 事業開発会社である株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役CEO:宇佐美 進典)は、運営する価格比較サイト「ECナビ」( リンク )において、2011年7月から12月までの「第2回ポイント運用指数調査」を実施しました。その結果、47都道府県のうち、最もポイントを上手に運用しているのは、上半期に引き続き「香川県」となり、3位には、上半期では46位だった「秋田県」がランクインしました。


 ポイント運用指数は、価格比較サイト「ECナビ」において、6ヶ月間に発行された「総獲得ポイント」を、「運用ポイント(使用したポイントと使用可能ポイントの合計)」で割った数値で、サービス利用者自身が獲得したポイントを上手に運用できているかを判断するための基準となる数値です。「ポイント運用指数」が1に近いほど、ポイントが効率的に消化されていることになります。「ポイント運用指数調査」は、各都道府県生活者のポイント運用動向を把握する取り組みとして、今後も継続的に調査・発表してまいります。


■ポイント運用上手1位は下半期も「香川県」! 46位から急上昇し「秋田県」が第3位!
47都道府県の中で最もポイント運用上手なのは、上半期同様「香川県」となり、2位以下は大きく変動しているものの、上位20位以内には、上半期に引き続き西日本勢が多くランクインしています。しかし、上半期の調査では30位圏外であった東北地方が上位にランクインをし、上半期46位だった「秋田県」は3位、43位だった「青森県」は14位と急上昇しました。ポイント運用上手ナンバーワンとなった香川県は、堅実な県民性であるといわれ、貯蓄の対年収比は全国に比べ高く、47都道府県中第1位、一方、負債の対年収比は全国に比べ低く、第2位となっています(資料:総務省統計局「平成21年全国消費実態調査」二人以上の世帯)。借金をせず、コツコツ貯める堅実な県民性が、ポイントの上手な運用にも影響していることがうかがえます。


-----------------------------------
■ 株式会社VOYAGE GROUP   リンク 
代表取締役CEO:宇佐美 進典
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス4階、7階、8階
設立:1999年10月8日
資本金:3億7,262万円(準備金含む)
主要株主:株式会社サイバーエージェント(東証マザーズ上場:4751)、宇佐美 進典、電通ドットコム
事業内容:メディア事業、リサーチ事業、アドテクノロジー関連事業、スマートフォン関連事業など


-----------------------------------
【プレスリリースに関するお問合せ】
株式会社VOYAGE GROUP 社長室広報: 江頭(エトウ)
TEL:03-5459-1044 FAX:03-5459-4223 E-mail:pr-info@voyagegroup.com
-----------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。