logo

パイオニア、プロDJ/クラブ向けモデル「CDJ-2000」「DJM-900nexus」のプレミアムモデルを新発売

Kawasaki, Jan 19, 2012 - ( JCN Newswire ) - パイオニアは「CDJ-2000」(2009年11月発売)と「DJM-900nexus」(2011年3月発売)をベースモデルとした台数限定プレミアムモデル『CDJ-2000 Limited』(CDJ-2000-W)と『DJM-900nexus Limited』(DJM-900NXS-W)を発売します。

ベースモデルは、優れた操作性と多彩なパフォーマンスを可能にする各種機能が多くのDJから支持されており、国内外の著名なクラブで採用されています。本機は、限定販売を表すシリアルナンバーを刻印したプレートを貼付し、インテリアに映える、上品なブリリアントホワイトカラーを採用しています。『CDJ-2000 Limited』は全世界で1,000台、『DJM-900nexus Limited』は全世界で500台の限定販売です。

パイオニアは、今後も業界のリーダーとして、インテリアやクラブシーンに合わせたラインアップを導入し、市場の活性化を図っていきます。

【2モデル共通の特長】

- 限定販売を表す刻印プレートを貼付し、インテリアに映えるブリリアントホワイトカラーを採用
1台1台に限定販売を表すシリアルナンバー(通し番号)を刻印したプレートを貼付しています。また、両機種とも、インテリアに映える、上品なブリリアントホワイトカラーを採用しました。

【CDJ-2000-Wの主な特長】

1) あらゆるDJシーンで利用できるよう、多彩なメディア/フォーマットに対応
CD/DVDだけでなく、フラッシュメモリーやハードディスクドライブなどのUSBストレージデバイス、SDメモリーカードに記録されている音楽ファイルを再生できます。音楽ファイルフォーマットは、音楽CD(CD-DA)、MP3、AAC、WAV、AIFFに対応しています。

2) 快適なDJパフォーマンスをサポートする音楽管理ソフトウェアrekordbox(TM)を付属
同梱の「rekordbox(TM)」をPCにインストールして音楽ファイルを解析することで、DJパフォーマンスの内容を管理(解析、設定、作成、履歴保存)することができます。

3) 充実したDJパフォーマンスを実現する「PRO DJ LINK」機能搭載
2台のDJプレーヤーをLANケーブル接続すると、USBデバイスやSDメモリーカードに記録されている音楽ファイルやデータベース情報をプレーヤー間で共有できます。また、LANケーブル接続※1により、「CDJ-2000」から「PRO DJ LINK」対応のパイオニア製DJミキサーへ、楽曲の精度の高いBPM情報と拍位置情報を送ることができます。※2

4) 理想のクラブサウンドを実現する高音質設計
世界の高級オーディオに採用され、プロのサウンドエンジニアも認めるWolfson Microelectronics社製高性能D/Aコンバーターの搭載や、混変調歪みを徹底排除した回路構成により、微細な音までも忠実に表現します。

5) その他の特長
- 操作性を高める「6.1インチ大型フルカラー液晶ディスプレイ」。
- 指でタッチした曲のポイントを瞬時にサーチし、音を確認できる「NEEDLE SEARCH」。
- 操作状況と入力信号を自動認識し、無操作や無入力状態が一定時間を超えると電源をスタンバイ状態に切り替える、環境に配慮した「オートスタンバイ」機能を搭載。

【DJM-900NXS-Wの主な特長】

1) 「24bit/96kHz4IN 4OUT高性能USBサウンドカード※3」を搭載
入力4系統、出力4系統のステレオ音声信号を同時に入出力できる※4USBサウンドカードの搭載により、音質を劣化させることなく各音声信号を入出力できます。また、PCにインストールした設定ユーティリティツールを使うことで、DJパフォーマンスや楽曲の録音、制作など、用途に応じてミキサーからの出力信号経路を変更することができます。※5

2) 楽曲の幅広いアレンジを実現するさまざまなエフェクト機能を搭載
多彩なエフェクト機能を装備し、楽曲の幅広いアレンジが可能です。また、指でなぞるだけで直感的な操作が可能な「X-PAD」搭載により、複数のパラメーターを同時に操作できるため、思いどおりのパフォーマンスが可能です。

3) 原音に忠実でノイズを徹底的に排除した高音質設計
フラッグシップモデル「DJM-2000」と同じオーディオ入出力回路を搭載することで、原音に忠実な音を実現しました。また、32bitデジタル・シグナル・プロセッサーの採用によりデジタルノイズを抑制しています。さらに、アナログ回路でも、高音質バランスドハイブリッドオペアンプおよび完全バランス出力回路を採用し、ノイズを低減しています。

4) DJパフォーマンスを充実させる「PRO DJ LINK」機能搭載
「PRO DJ LINK」対応のパイオニア製DJプレーヤーとLANケーブル接続することで、楽曲の精度の高いBPM情報と拍位置情報を取得し、ビートに対してずれることなくエフェクトをかけることが可能になります。

5) その他の特長
- 高い耐久性を持つ「高性能チャンネルフェーダー」を搭載。
- 「TRAKTOR SCRATCH 2※6」認定DJミキサーである本機は、TRAKTOR SCRATCH PRO 2/DUO 2のそれぞれに付属しているタイムコードディスク※7と、CDJプレーヤーまたはレコードプレーヤーを使ってスクラッチコントロール(DVS※8)が行えます。
- 操作状況と入力信号を自動認識し、無操作や無入力状態が一定時間を超えると電源をスタンバイ状態に切り替える、環境に配慮した「オートスタンバイ」機能を搭載。

製品名: マルチプレーヤー
型番: CDJ-2000-W
希望小売価格: オープン価格
発売時期: 2月下旬
全世界総販売台数: 1,000台(国内60台)

製品名: DJミキサー
型番: DJM-900NXS-W
希望小売価格: オープン価格
発売時期: 2月下旬
全世界総販売台数: 500台(国内30台)

主な仕様など詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

※1 「DJM-900nexus」と2台以上のプレーヤーを接続する場合は、LAN用ハブが必要になります。
※2 楽曲管理ソフトrekordbox(TM)で解析した楽曲のみ対応。
※3 PCの音声信号の入出力機能を強化する回路。オーディオインターフェイスとも呼ばれます。
※4 Windows/MacOSに対応。Windowsの場合、ASIO対応のソフトウェア使用時のみ3系統以上の割り当てが可能です。
※5 同梱のCD-ROMから、ドライバーソフトウェアおよび設定ユーティリティソフトウェアをPCにインストールすることにより、USBサウンドカード機能が使用可能です。
※6 「TRAKTOR」はNative Instruments社の登録商標です。Ver.1.2.7以前のTRAKTOR SCRATCHをお使いの場合は、TRAKTOR SCRATCH 2に有償アップグレードすることで本機能をお使いいただけます。詳しくはNative Instruments社のホームページをご覧ください。
※7 DVSソフトウェアをコントロールするためのタイムコードが収録されたCDやレコード。
※8 Digital Vinyl Systemの略。

概要:パイオニア株式会社

詳細は リンク をご覧ください。


お問合せ先:
この商品に関するお問い合わせ先
お客さま:カスタマーサポートセンター
TEL 0120-944-222 (フリーコール)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。