logo

1月14日(土)センター試験初日 「サクラサク飛行船」が東京上空を飛行しました

ネスレ日本株式会社 2012年01月16日 10時53分
From Digital PR Platform


大空を舞う飛行船のように上昇気流に乗って頑張って欲しい―。大学入試センター試験初日となる2012年1月14日(土)午後、受験生への応援メッセージ約500通を載せた「サクラサク飛行船」が東京上空を飛び、空から受験生を応援した。

「サクラサク飛行船」は“受験のお守り”として知られる「キットカット」を販売するネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長 兼 CEO 高岡 浩三)と、ホテルを利用する受験生に「キットカット」を手渡して応援しているJRホテルグループ(本部:東京都豊島区、会長 澤田 博司)が、初めて企画した。

全長17メートル、高さ5.2メートルの船体にはサクラ色のバナーを取り付け、「母さんはいつも君の応援団!」「君の努力は“花”開く!!」 など、母親をはじめ家族や受験生を支える方から寄せられた応援メッセージ約500通を1つずつ桜の花柄にデザインして掲載した。中には、「ネスレ キットカット」2012年受験生応援キャラクターの菊池桃子さんや刈谷友衣子さん、2012年受験生応援アドバイザーの尾木直樹さんの応援メッセージもある。

14日午後、東京都江東区のグラウンドを飛び立った「サクラサク飛行船」は新木場~お台場海浜公園周辺上空を約1時間周遊。午後6時過ぎまで続くセンター試験の全国の受験生を東京の空から見守った。午前中にあった飛行船の出発準備には、一足早く試験に臨む大学受験生を応援しようと、高校受験の子どもを持つ母親ら11名が参加。参加した横浜市の阿部博美さんは「子どもにはキットカットに『最後まで諦めないで』とメッセージを書いて渡した。今日は甥っ子がセンター試験を受けるので、応援しています」と話していた。

ネスレ日本では「頑張る受験生はもとより、受験生を一番近くで支える母親も応援したい」と、昨年12月から受験生応援キャンペーンを展開。2012年受験応援キャラクターとしては初めて、“受験生ママ”として実生活で受験生の息子を持つ菊池桃子さんを起用。また、キットカットの公式ホームページ「キットカット ブレイクタウン」(リンク)では受験生の母親向けにオリジナル受験応援レシピを公開し、受験生とその家族らを心情面からサポートしている。


<「サクラサク飛行船」に掲載された主な応援メッセージ>
2011年12月2日(金)~2012年1月4日(水)、キットカットの公式ホームページ「キットカット ブレイクタウン」(リンク)で“受験生への応援メッセージ”を全国から募集しました。受験生を一番近くで応援する母親はもちろん、家族や周りで応援する方たちから、普段直接伝えることができないメッセージ約1600件の投稿がありました。飛行船には抽選で約500件のメッセージを掲載。メッセージはハンドルネームと共に1つずつ桜の花としてデザインされ、縦2.2m、横7.7mのバナーにして船体両面に取り付けました。バナーには「ネスレ キットカット」の2012年受験生応援キャラクターで、実生活で受験生の息子を持つ女優の菊池桃子さん、「ネスレ キットカット」の2012年受験生応援アドバイザーである教育評論家の尾木直樹さんの応援メッセージも掲載しました。

★メッセージ一例 (右カッコ内はハンドルネーム)
「今までの努力は君を裏切らない!!」(受験生母)
「あと少し!もう少し!きれいな桜が咲きますよ」(めぐおかあ)
「母さんはいつも君の応援団!」(みちゃ)
「君の努力は“花”開く!!」(江戸川小町)
「強風に負けるな!」(skiy)
「3月、一緒に笑おう(^o^)」(きょんmama)
「いつもの調子で」(菊池桃子さん)
「自分のペースで一緒に頑張りましょう!」(刈谷友衣子さん)
「攻めの姿勢!」(尾木直樹さん)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。