logo

リクルート、『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート HTML5、CSS3の技術を駆使するAmebaスマホ版アプリ開発


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■HTML好きにはたまらない。面白い時代がやってきた
HTML5、CSS3の技術を駆使するAmebaスマホ版アプリ開発
――――――――――――――――――――
急速に進むサイバーエージェントのスマートフォン対応。その背景にはエンジニアやクリエイターたちの柔軟な技術対応力があります。スマートフォンという未知の領域を突っ走る二人のエンジニアの1年について『Tech総研』編集部は取材しました。

「Ameba」をスマートフォン市場に迅速・的確に対応するため、同社が重点を置いたのは2つの技術領域です。一つはスマートフォンブラウザへ対応させること。そしてもう一つは、iOS、Androidなどのネイティブアプリを独自に新規サービスとして提供していくことです。
前者のスマートフォンブラウザ対応については、HTML5、CSS3、JavaScriptなどの技術が欠かせません。
2011年はこれまでPC・フィーチャーフォン向けの開発をしてきた社内エンジニアの新技術習得や、経験者もしくは新しい領域にチャレンジしたい人材を積極的に採用した1年でした。

「HTML5が社内で話題になったのは、2009年頃です。興味のある技術者を集めて社内初のHTML5勉強合宿を開催しました。新技術へのアンテナや成長意欲が高いメンバーが多く、みんなで切磋琢磨して勉強をしていたため、HTML5の習得は早かったと思います」と振り返るのは、アメーバ事業本部の原一成氏。

「スマートフォンのUIに対応させるためには、変換ツールに頼らず手動で最初から書き直したほうがいいため、そのようにしている部分もあります。ただ対応を急がなければならないゲームなどはツールの助けも借ります。このあたりはケース・バイ・ケースです」と、原氏はスマートフォン対応の課題を語ります。

本レポートでは、クリエイター出身、切通伸人氏による「アメーバピグ」スマートフォン版開発における非同期による効率的化などについても詳しくレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

パソコン版:リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。