logo

Netwiserシリーズ ロードバランサの新機種「SX-3740 LB」本日出荷開始 ~システムスループット約6倍、SSL公開鍵長4,096ビットまで対応~

セイコープレシジョン株式会社(代表取締役社長:加藤精彦、本社:千葉県習志野市茜浜1-1-1、TEL:047-453-0111)は、ロードバランサの新機種「SX-3740 LB」を本日12月19日より出荷開始いたします。


 新製品「SX-3740 LB」は、販売実績の豊富な「SX-3640 LBH」の後継機として最大の特長であるフェイルスルー機能を踏襲、1台構成でも障害時の通信が可能です。しかもLANインターフェイスとしてスイッチングハブ4ポートを搭載していますので冗長構成も選択できます。


 また、プログラム構造の最適化などにより、システムスループット(L4)が従来機の約6倍と、大幅な性能向上を実現、SSLアクセラレータ機能(オプション)においても公開鍵長は4,096ビットまで対応、SSLスループット3.5倍など一段と処理能力が向上しました。
 日本語Web管理画面による設定で運用が容易なうえ、24時間365日受付や全国派遣保守等、充実した保守体制と豊富なサービスメニューで安心してお使いいただけます。


 今後セイコープレシジョンでは、本製品を中規模システム向けに積極的に展開し、販売パートナーを通じて販売してまいります。


■主な販売パートナー
   株式会社アンペール
   コスモエア株式会社
   スターネット株式会社
   株式会社日立ソリューションズバリュー
   ソフトバンクBB株式会社
   ダイワボウ情報システム株式会社

■販売価格:ロードバランサ SX-3740 LB                   120万円(税別)
        ロードバランサ SX-3740 LB SSLアクセラレータオプション付き 150万円(税別)



【仕様】
○ロードバランサ「SX-3740 LB」
・LANインターフェイス   10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 6ポート
                 (固定フェイルスルーポート×2を含む)
・負荷分散アルゴリズム  ラウンドロビン(重み付け)、最少接続数(重み付け)、
                ソースIPアドレス、プライマリ/バックアップによるサーバ切り替え
・L7スイッチング       URL、HTTPヘッダ
・セッション維持方式    ソースIPアドレス、サーバCookie、Cookie挿入、URLリライト、SSLセッションID
・サーバのヘルスチェック方式  ICMP、TCPコネクション監視、UDP送達確認
                     AP監視:HTTP/FTP/SMTP/POP3/IMAP4/NTP/DNS/HTTPS
・処理能力(最大)     システムスループット(L4):2.5Gbps
                L7パフォーマンス:22,000HTTPトランザクション/秒


○SSLアクセラレータ オプション
・処理能力(最大)     SSLスループット:600Mbps(1,024ビット時)
                SSL新規セッション:6,000セッション/秒
・公開鍵長          1,024/2,048/4,096ビット
・SSL強度          40/56/128/256ビット


以上


※Netwiser 、Netwiserロゴはセイコープレシジョン株式会社の登録商標です。
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本プレスリリースに記載されているデータは、発表日時点のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。



お問い合わせ先
<報道機関>
セイコープレシジョン株式会社
経営企画部 経営企画課 広報担当 安達(あだち)
TEL:047-470-7028  E-mail:icenter@seiko-p.co.jp 


<お客様>
セイコープレシジョン株式会社
システム事業部 営業統括部 営業部 営業3課 米沢(よねざわ),星野(ほしの)
TEL:047-470-7172  E-mail:support@seiko-p.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

SX-3740 LB

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事