logo

世界のスマート交通システムの投資額は2017年に131億ドルに

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「スマート交通システム市場調査:スマートシティ時代の高度道路交通システム技術:交通管理/スマート充電/公共交通/V2Vシステム-Smart Transportation Systems:Intelligent Transportation Technologies in the Age of Smart Cities: Traffic Management, Smart Charging, Public Transit, and Vehicle-to-Vehicle Systems」のプレスリリースにおいて、世界のスマート交通システムへの投資額は、2011-2017年に合計131億ドルに達するだろう、との予測結果を発表しました。

スマート交通システムの概念は、直観的には見えるものの、実際はそのセクターはきわめて多様で、いろいろな機関が運営したり個人が所有したりしており、幅広い政策や運用の目標のために設計されており、乗用車、道路、充電設備、公共輸送車両などの様々な分野を含んでいる。

主要な実現技術は、車両やインフラが、他の交通施設・設備等と通信し、外部からの制御や条件に反応することのできる内蔵の情報システムにある。行政当局(都市)、公共交通機関、車両管理者(フリートマネージャ)、その他の交通資産の所有者は、スマート交通システム技術によって、移動性を高め、燃料費や二酸化炭素排出量を削減し、安全性を高め、経済上の競争力を向上させることができると考えている。

米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「スマート交通システム市場調査:スマートシティ時代の高度道路交通システム技術:交通管理/スマート充電/公共交通/V2Vシステム - Smart Transportation Systems: Intelligent Transportation Technologies in the Age of Smart Cities: Traffic Management, Smart Charging, Public Transit, and Vehicle-to-Vehicle Systems」は、スマート交通システムあるいは高度交通システムは、既存の交通システムを最大限利用することで、新しい大きな投資を行わなくても済むとみられていることから、政府の財政が厳しくても、来年の投資額は増加するだろうと報告している。

パイクリサーチ社は、世界のスマート交通システムへの投資額は、2011-2017年に合計131億ドルに達するだろうと予測している。

「この投資のほとんどが、可能性のあるアプリケーションを幅広く含む高度交通管理システムに対してである。それはすべての都市に適用可能であり、世界の先進諸国では交通管理、モニタリング、需要管理などの技術を採用し始めている。発展途上の市場段階にある都市では、ITSを交通インフラ構築の時点から導入することができるだろう」とシニアアナリストのLisa Jerram氏は語る。



【調査レポート】
スマート交通システム市場調査:スマートシティ時代の高度道路交通システム技術:交通管理/スマート充電/公共交通/V2Vシステム
Smart Transportation Systems
Intelligent Transportation Technologies in the Age of Smart Cities: Traffic Management, Smart Charging, Public Transit, and Vehicle-to-Vehicle Systems
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

株式会社データリソースはパイクリサーチ社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

日本販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事