logo

アーカー・バイオマリン、クリルオイルの健康効果に関する新研究結果を発表―クリルオイルに潰瘍性大腸炎の炎症を軽減する可能性

アーカー・バイオマリン 2011年12月14日 13時30分
From JCN Newswire

Tokyo, Dec 14, 2011 - ( JCN Newswire ) - 海洋バイオテクノロジー企業であるアーカー・バイオマリン・アンタークティック(本社:ノルウェー・オスロ、最高経営責任者:ハルヴァート・ムーリ、以下「アーカー・バイオマリン」)は本日、南極オキアミ由来のDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)含有オイルであるクリルオイルが潰瘍性大腸炎の炎症を軽減させる可能性があるとの新しい研究結果を発表しました。

潰瘍性大腸炎は炎症性の腸疾患であり、消化管の炎症、痛みを伴うものです。潰瘍性大腸炎の患者は世界中で見受けられますが、米国と北欧では特に患者数が多く、米国では100万人から200万人に上ると推計されています。日本では欧米に比べて患者数は少ないもののその数は年々増加しており、厚生労働省から特定疾患治療研究対象疾患(難病)のひとつに指定されています。

ノルウェーのベルゲン大学で実施された今回の研究では、雄ネズミ30匹を1)対照グループ、2)大腸炎を誘発されたグループ、3)大腸炎を誘発され、クリルオイルを投与されたグループの3グループに分けて観察した所、3)のクリルオイルを投与されたグループは2)のクリルオイルを投与されなかった大腸炎誘発グループと比べて顕著に結腸の長さが維持された他、酸化ストレスマーカーの減少および安定した良好な変化が見受けられました。

アーカー・バイオマリン・アンタークティックのR&Dディレクター、ケティル・ベルゲは次のように述べています。「この研究結果は、潰瘍性大腸炎に対するスパーバ・クリルオイルの酸化抑制効果と炎症症状の抑制効果の潜在性を証明しています。慢性的な炎症は心臓血管の損傷、関節痛、癌、肥満、アルツハイマー病、アレルギー、糖尿病などの他の病気にも関係しています。今回の研究結果は消化器官の健康にクリルオイルが果たす新たな可能性を広げるものであり、更なる人体での研究のための土台となるでしょう。」

クリルオイルの様々な健康効果は数多くの研究や臨床試験により明らかにされてきています。クリルオイルに抗炎症効果があることも今までの研究により証明されていましたが、今回の研究は、潰瘍性大腸炎においてクリルオイルの抗炎症作用およびタンパク質の酸化を抑制する作用を初めて示すものです。

この論文は2011年11月30日にScandinavian Journal of Gastroenterology(スカンジナビア消化器病学雑誌)に掲載されました。原文はこちらのURLをご確認ください。 リンク

アーカー・バイオマリンは、オキアミ漁業会社で唯一、MSCの漁業認証を取得しており、クリルオイル業界ではアーカー・バイオマリンの「スパーバ(Superba(TM))」クリルオイルを使った製品のみがMSCの「海のエコラベル」の使用を認められています。アーカー・バイオマリンは環境への負荷を最小限に抑える独自の「エコ・ハーベスティング(Eco-Harvesting(TM))技術」を用いてオキアミの漁獲を行い、生きたままのオキアミを直ちに船上加工しています。それによって、同社のクリルオイル「スパーバ(Superba(TM))」は独自の高品質な栄養組成を実現しているとともに、漁獲から最終製品に至るまで完全なトレーサビリティを確保しています。

またクリルオイルの健康効果を実証する取り組みの一環として、アーカー・バイオマリンでは継続的に、クリルオイルから抽出したリン脂質結合型EPA+DHAに関するイン・ビドロ、イン・ビボ、及び対人の臨床試験への出資を続けております。研究では、リン脂質結合型オメガ3は、魚油由来のEPA・DHAなど他のオメガ3脂肪酸原料に比べ、体内での吸収効率が高く、血中脂質バランスを改善し、脳組織でのDHAの吸収効率が高いことが一貫して立証されています。

※本リリースは、ノルウェー本社12月6日発表英文リリースの日本語抄訳版です。

※原文リリース(英文)は下記URLをご参照ください。
リンク

スパーバ・クリルオイル(Superba(TM) Krill Oil)について

南極オキアミ由来の「スパーバ・クリルオイル」は、健康増進作用を持つ100%天然のEPA & DHAオメガ3必須脂肪酸と、天然抗酸化物質であるアスタキサンチンを含んだ製品です。最大の特長は、魚油由来などの他のオメガ3脂肪酸と異なってリン脂質結合型のオメガ3脂肪酸を含んでいる点であり、その安全性と高い健康効果はイン・ビトロ、イン・ビボおよび対人の臨床試験で実証されています。 
URL: リンク (日本語)

アーカー・バイオマリン(Aker BioMarine Antarctic)について

アーカー・バイオマリンは、オキアミの持続可能な漁獲から、オキアミ由来のバイオ製品の研究開発、製造まで一貫して手がける総合バイオテクノロジー企業です。業界最大手として、原材料から製品として顧客企業に届くまでの最適化されたバリューチェーンを通じて、機能性食品素材や栄養補助食品素材、水産養殖飼料を世界23ヶ国以上で提供しています。アーカー・バイオマリンのクリルオイル製品「スパーバ(Superba(TM))」は、南極海からエンドユーザーまで、すべての経路で100%のトレーサビリティが確立されており、同社は世界で唯一、オキアミの漁獲に関して「海のエコラベル」として知られるMSC(海洋管理協議会)の認証を取得しています。 
URL: リンク (日本語)

■報道関係者のお問い合わせ:
クレアブ・ギャビン・アンダーソン株式会社(アーカー・バイオマリン広報担当)
井内/渡辺
Tel: 03 5404 0640

■お客様のお問い合わせ:
アーカー・バイオマリン・アンタークティック
日本担当
Info.japan@akerbiomarine.com

概要:アーカー・バイオマリン

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事