logo

男性が気にする女性のムダ毛やムダ毛処理跡 “ポツポツ”“ジョリジョリ”に要注意!

トリア・ビューティ・ジャパン株式会社 2011年12月12日 17時27分
From Digital PR Platform


トリア・ビューティ・ジャパン(代表取締役:ジンキョン・チョイ、本社所在地:東京都品川区、以下:トリア)は、女性のムダ毛や脱毛跡について男性がどのように感じ行動しているのか、全国の20~30代未婚男性1,000人を対象に「女性のムダ毛処理に関する意識調査」を実施しました。

大切な人と急接近するチャンスが増えるクリスマスに万全の美しさで挑めるよう、ムダ毛処理に思いもよらぬ落とし穴があることを女性たちは知っておくべきかもしれません。

【 秋冬のムダ毛ケアもマスト 】

本調査と並行して行った全国の20~30代未婚女性200人への調査によると、春夏と比べて、秋冬のムダ毛処理は月平均7.5回から4.0回と約半分の頻度でしかお手入れしていないことが明らかになりました。

“面倒だから”“冬は露出が少ないから”が多くの理由ですが、これが落とし穴への第一歩です。

調査によると、男性の約3人に2人が「女性のムダ毛やムダ毛処理跡が気になる」と回答しており、さらに「恋人にムダ毛を処理して欲しいと思ったことがある」人が半数以上に上るほど、男性は女性のムダ毛を気にしています。

しかも彼らは手足の指や胸、お腹など、女性が気づいていないだろうと思うようなエリアのムダ毛もきちんと処理して欲しいと考えているようです。

【 見た目だけでなく”さわり心地 ”も大事 】

男性が女性にムダ毛を処理して欲しいと感じるのは「ムダ毛が見えたとき」が8割を超えています。着目すべきは約4人に1人が「ムダ毛を肌で感じたとき」と回答しているということです。フリーアンサーでも「さわり心地が大事」と考える意見が多く、中には「さらさら、すべすべしていた方が、触るのがもったいないような、大切にしたい気持ちになる」と言ったコメントも寄せられています。クリスマスに大切な人と急接近するかもと考えている女性にとって、“さわり心地”は見逃せないキーワードになると言えます。

【 ムダ毛が別れの原因となる場合も 】
女性のムダ毛や処理跡を発見した時、男性4人に1人が「女性への思いがいっきに冷める」と回答しています。また、発見した時のリアクションとして「見ないようにする」、「遠回しに指摘する」、「忘れるように努力する」、「許せるよう努力する」など、発見しても指摘せず、受け入れよう、自分の中でなんとかおさめようとする苦しい男性心理が窺える回答が上位を占めました。

少数派の意見では「女性だと思わないことにする」「後日別れを切り出す」といったものもあり、ムダ毛ケアの手抜きが致命的な結果を招く場合もあるということが判明しました。

女性の気付かないところで男性が精神的ダメージを受けていたり、最悪の場合は恋人同士の仲が壊れてしまったりするケースもあるようです。

大切な人と急接近する可能性大のクリスマス。彼や片思いの人と一緒に過ごすなら、見える  ところも見えないところにもケアを怠らず、最高に美しい自分でクリスマスを迎えたいものです。

たかがムダ毛、されどムダ毛。女性にとっては、まさかの1本1本が命取り。異性から女性と認めてもらえない、彼を精神的に傷つけてしまう、切ない別れの一因がムダ毛だなんて最悪です。露出の少ない季節になるとムダ毛ケアをさぼりたくなってしまう女性の気持ちも分かりますが、パートナーにとって愛すべき女性でいられるよう、隙のない通年ムダ毛ケアが必要です。

【調査結果概要】
1:約3人に2人が「女性のムダ毛やムダ毛処理跡が気になる」。「恋人にムダ毛を処理して欲しいと思ったことのある」男性は半数以上

2:ムダ毛や処理跡が“見えたとき”だけでなく、“肌で感じたとき”にも要注意

3:「ワキ」「(鼻の下などの)口周り」「脚」「腕」「Vゾーン」は定番。だが、「手の指」「足の指」「背中」「胸」「お腹」もあなどれない。

4:女性のムダ毛や処理跡を見たとき、4人に1人は「女性への思いがいっきに冷める」と回答

5:『女性のムダ毛や処理跡を発見したときのあなたのリアクション』では自分の中でおさめようとする男性の優しさが浮き彫りに。少数派には「女性だと思わないことにする」「後日別れを切り出す」という回答も

6:「シェーバーやカミソリ利用」の女性たちは“ポツポツ”と“ジョリジョリ”に要注意。ムダ毛処理跡は男性がまさに気づきたくない状況でこそ気づかれている

7:4.5人に1人は「ムダ毛処理と処理跡、どちらも同じくらいイヤ」。大人の男性ほど、その傾向に

8:ムダ毛の処理は「女性なら当然」と考える厳しい回答が第1位。「女性らしい」「健気」と受け入れる回答が2位3位に浮上するも、「処理しているところを想起させないで欲しい」「考えたくない」という少数意見も

9:最もゲンナリしたムダ毛や処理跡の発見エピソードでは、大切なシーンでの目撃、感触にショック

■報道関係のお問い合わせ先
MSL Japan TEL: 03-5719-8901 FAX: 03-5719-8919 担当: 磯崎・大澄

■一般のお問い合わせ先
トリア・ビューティお客様サポートセンター TEL: 0120-917-380 
受付時間:月~金(祝日除く) 10:00~19:00


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。