logo

「Fan+(ファンプラス)」で日本一ソフトウェアファンショップをオープン!



株式会社角川コンテンツゲート(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:浜村 弘一)は、NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:中山 俊樹)が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」において、株式会社日本一ソフトウェア(所在地:岐阜県各務原市、代表取締役社長:新川 宗平、以下「日本一ソフトウェア」)のファン向けショップ「日本一ソフトウェアショップ」を、2011年12月12日(月)朝5時にオープンいたしました。

<「日本一ソフトウェアファンショップ」について>

本ショップは、株式会社アスキー・メディアワークス(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:高野 潔)が刊行するゲーム雑誌『電撃PlayStation』が日本一ソフトウェアへの本ショップのために取材内容を行い、「魔界戦記ディスガイア」シリーズなどのゲームを中心とした、日本一ソフトウェアの旬な情報を深く、濃く掘り下げていく動画番組を扱ったコンテンツショップです。
「日本一ソフトウェアファンショップ」はこちら リンク


<初回販売コンテンツ>

「日本一の電撃はっぴょうかい!?」イベントアーカイブ  価格:210円(税込)

ファンプラスのアバターコミュニティ「ふぁんぷらぷら」(リンク)内の日本一ソフトウェア専用エリアのイベントホールで、毎月1回開催される、参加人数50人限定の仮想イベント「日本一の電撃はっぴょうかい!?」の動画を販売いたします。
参加人数50人限定のため、参加できなかった方のために、イベント司会者の二人(日本一ソフトウェア代表取締役社長 新川 宗平氏 & 電撃ゲームメディア総編集長 江口 聡氏)の対談模様なども含めたテキスト付の動画で配信致します。

なお、2012年1月31日(火)23時59分までに購入いただいた方には、アバターコミュニティ「ふぁんぷらぷら」で使える、アバター着せ替えアイテム「プリニー」をプレゼントいたします。
※プリニー:株式会社日本一ソフトウェアのマスコットキャラクター


■Fan+(ファンプラス)とは
「Fan+(ファンプラス)」は、趣味性の高いリッチコンテンツをファンのために提供する場です。
スポーツ系(サッカー、テニス、女子プロゴルフ)、エンタメ系(宝塚、D-BOYS、アニメ、ゲーム、グラビアアイドル)、文化系(落語、歴史、鉄道)などの幅広いジャンルのコンテンツを取り揃えており、ここでしか見られない限定コンテンツが満載です。
動画・画像・テキスト・音楽・音声を組み合わせた、デジタルならではの特性を活かした、電子書籍の一歩先を行くコンテンツ。
クラウドの「MyBox」へコレクションして、PC、iPad、iPhone、スマートフォン、ケータイ等から楽しむことができるのが魅力です。 また、ファン同士の交流の場であり、ファンイベントに参加することもできるアバターコミュニティ「ふぁんぷらぷら」(パソコンのみ)もスタートしています。

「Fan+(ファンプラス)」はこちら リンク
「ふぁんぷらぷら」はこちら リンク

角川コンテンツゲートは角川グループのIT戦略会社として、デジタルコンテンツ事業を進めており、「Fan+」でのコンテンツショップ展開もその一翼を担うものと考えています。今後もグループ各社と連携し、多くのコンテンツをユーザーの皆さんに楽しんでいただけるよう、取り組んで参ります。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。