logo

ATEN初のUSB・DVI KVMエクステンダー2機種 CE600/CE602を発売

~シリアルやオーディオの信号も延長 CE602はデュアルリンクDVIに対応~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、シリアルやオーディオに対応したUSB・DVI KVMエクステンダーCE600/CE602の2機種を発表します。 出荷開始日は12月8日です。
本製品は、弊社KVMエクステンダーシリーズにおいて初となるUSB・DVI対応モデルです。キーボード・モニター・マウス、およびシリアル、オーディオの各信号を転送することができ、最大60mの延長が可能です(解像度1,024×768@60Hz)。
ローカル・リモートの各ユニットはカテゴリ5eケーブルで接続しますが、2本接続した場合はHDCP、RS-232、マイクの各信号を転送します。このときCE602は、これらの信号に加えてデュアルリンクDVIの信号も転送されますので、最大で2,560×1,600の解像度がご利用いただけます(40m延長)。

製品の主な特長とメリット

1.ATEN初のUSB・DVI対応KVMエクステンダー
本製品は、弊社KVMエクステンダーシリーズにおいて初となるUSB・DVI対応モデルです。延長先でも高解像度が必要とされる環境に適した製品です。


2.KVM・オーディオ・RS-232シリアルの各信号を最大60m延長 (解像度1,024×768@60Hz)
本製品は、ローカルユニットに接続されたコンピューターのKVM(キーボード・モニター・マウス)信号、およびシリアルデバイスやマイク・スピーカーの信号を最大60m延長することができます。離れた場所からコンピューターを操作することができますので、例えば工場で、コンピューターの操作は現場で行うけれども、コンピューター自体はホコリや振動の少ない事務所に置いておきたいといったケースに最適です。また、フルHD(1,920×1,080)での表示も可能です。
※解像度が1,920×1,080@60Hzの場合は30m延長可能です。
※RS-232シリアル・マイクの各信号を転送する場合はカテゴリ5eケーブルが2本必要です。


3.カテゴリ5eケーブルを2本使用した場合はHDCP・シリアル・マイクの信号を転送
弊社KVMエクステンダーシリーズの従来製品と同様に、KVM信号はカテゴリ5eケーブル1本で転送できますが、このケーブルを2本使用した場合は、HDCP・シリアル(RS-232)・マイクの各信号を転送することもできます。ケーブルを2本使用することにより、より多くの情報を転送することができ、活用の幅が広がります。


4.デュアルリンクDVI対応 最大解像度2,560×1,600@60Hz (CE602でケーブルを2本使用した場合)
CE602でカテゴリ5eケーブルを2本使用した場合は、デュアルリンクDVIの信号も転送されます。最大で2,560×1,600@60Hzの解像度が利用いただけますので、高い解像度の使用環境にも対応可能です (40m延長)。


標準売価および出荷開始日


CE600 シリアル・オーディオ対応DVI KVMエクステンダー
標準小売価格:94,500円 (税抜90,000円)
出荷開始日:2011年12月8日


CE602 シリアル・オーディオ対応デュアルリンクDVI KVMエクステンダー
標準小売価格:126,000円 (税抜120,000円)
出荷開始日:2011年12月8日

このプレスリリースの付帯情報

CE600/CE602 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATEN International Co,. Ltd.は台湾に本社を置き、北米、欧州、アジア各国の複数の拠点でワールドワイドにビジネスを展開しているKVMスイッチメーカーです。主要製品であるKVMスイッチをはじめとし、映像関連製品、USB関連製品、各種インターフェースコンバータ等、コンピューター・サーバー周辺装置の開発、製造、販売を一貫した自社体制で行っています。SOHO~ミドルレンジのATENブランドKVMスイッチは世界トップクラスのシェアを誇り、ハイエンドブランドALTUSENシリーズは各国を代表する企業、公共/教育機関において数多く採用されています。


ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。日本のユーザーニーズにあったサービスを提供することで、KVMスイッチ市場の更なる拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。