logo

リクルートの2つのギャラリーにて、東日本の職人と180人のクリエイターがつくる「印染トートバッグ展」本日スタート!


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営する2つのギャラリー「クリエイションギャラリーG8」「ガーディアン・ガーデン」では11月24日(木)より12月22日(木)の期間、チャリティー企画「印染トートバッグ」展を開催いたします。

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■「印染トートバッグ」展 概要
――――――――――――――――――――

≪チャリティー企画「CREATION Project」について≫
1990年からはじまった毎年恒例のチャリティー企画展。ギャラリーと交流のあるクリエイターの方々にボランティアで制作していただいた作品を展示・販売し、収益金をチャリティーとして寄付しています。2009年より、「CREATION Projet」としてリニューアル。

≪今年の特徴と「印染(しるしぞめ)トートバッグ」展≫
今年は、東日本大震災の復興への願いをこめて、180人のクリエイターがデザインした「印染(しるしぞめ)トートバッグ」を展示・販売します。印染とは、大漁旗や袢天(はんてん・はっぴ)など、文字や図案をオーダーメイドによって、ひとつひとつ染め上げる伝統工芸の染物。被災した岩手、宮城、福島、茨城が持つ日本有数の漁港には、海の安全と豊漁を祈願し大漁旗が色鮮やかにはためいていました。
岩手、宮城、福島、茨城の4県にある18の工房で、染め物業を営む職人さんたちと共に、伝統的な「印染」によるトートバッグを作ります。義援金での支援だけでなく、直接仕事を依頼することで地元の産業を応援したいと考えています。また、トートバッグの販売収益金は、全て被災地への義援金として寄付いたします。


≪展覧会概要≫
■企画展名:東日本の職人と180人のクリエイターが作る「印染トートバッグ」展
■会期:2011年11月24日(木)~12月22日(木)
 11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料
■会場:
 クリエイションギャラリーG8(中央区銀座8‐4‐17 リクルートGINZA8ビル1F)
 ガーディアン・ガーデン(中央区銀座7‐3‐5 リクルートGINZA7ビルB1F)
■展示:国内外の作家180名がデザインしたトートバッグを展示。
 (岩手・宮城・福島・茨城の印染職人によりひとつひとつ染め上げた生地をトートバッグに加工)
■トートバッグ:
 生地:白地コットン(11号帆布)
 袋部分:約360(天地)×460(左右)×135(マチ)mm
 内ポケット付き
 ハンドルを含めたバッグの天地:約590mm
■販売:展覧会会期中、各会場で予約注文販売
 販売価格:6,000円(税込)
 予約注文後、製作いたします。来年3月下旬までにお届けする予定です。

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■ギャラリーについて
――――――――――――――――――――

リクルートは、メセナ活動の一環として、東京銀座に「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」の2つのギャラリーを運営しています。
「クリエイションギャラリーG8」は、グラフィックデザインに焦点を当てたデザインギャラリー。「デザインとコミュニケーション」をテーマに、国内外を代表する作家から、先鋭的な送り手の作品をご紹介しています。
展覧会ごとに「クリエイティブサロン」というトークショーを開催するなど、作品だけでなく送り手の発想や行動の背景・過程を分かりやすくお伝えできるスペースを目指しています。1985年に「G7ギャラリー」としてオープンして以来、広告・グラフィックデザイン・アートを通じて、来場者の方々に「コミュニケーション」の原点を考える場として親しんでいただいております。
また、「ガーディアン・ガーデン」は若手クリエイターに表現する「機会」と「場所」を提供することを目的に1990年にオープン。
グラフィックアート、写真を中心としたコンペティション・ギャラリーとして、公募展を中心に活動を展開しています。

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事