logo

産業用の無線センサーネットワーク

WirelessHART、ISA100.11a、WIA-PA、ZigBee

産業用オートメーションへの無線の採用は目新しいことではないが、利用可能な製品の商業的な価値とコストによって制限されている。過去数年間にわたって、シリコンプラットフォームの規格や標準化された通信プロトコルのサポートによって、産業用オートメーションにおけるWSNは促進されるようになってきた。しかし、産業用オートメーション市場では、基本的に信頼性と長期耐用性が要求されるし、それを保証する特許技術が使用されていく。しばしば取りざたされる標準化されたWSN採用の抑止要因のひとつが、IEEE 802.15.4シリコンプラットフォームの標準化にもかかわらず、シリコンを使用する多くのプロトコルもまた今後採用されるかもしれないというという事実である。この調査レポートは、産業用のWSNのビジネスチャンスを分析し、利用が促進する所や使われない所、WirelessHART、ISA100.11a、WIA-PAなどの主要な規格の採用、WSN採用が市場に対してもつ意義、産業用オートメーションにおけるWSNを実現する主要企業などについて記載している。


【調査レポート】
産業用の無線センサーネットワーク:WirelessHART、ISA100.11a、WIA-PA、ZigBee
Industrial Wireless Sensor Networks
WirelessHART, ISA100.11a, WIA-PA, and ZigBee
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。