logo

コンビニよりも、目的の商品以外を見て回る人が多いドラッグストア。「出かける前に行くことを決めている」人が85.2%。

-「ドラッグストアでの商品購入に関する調査」-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)では、過去一週間以内にドラッグストアで買い物をした、関東一都六県に居住する20~69歳の男女2,000人を対象に、「ドラッグストアでの商品購入に関する調査」を実施いたしました。

スーパーやコンビニエンスストアと同様に、生活者の日々の生活に欠かせない存在となっているドラッグストア。商品も、医薬品・化粧品にとどまらず、その品揃えは多岐に渡っています。
この売上高5兆円を大きく超える市場(日本チェーンドラッグストア発表)で、生活者はどのような買い物意識を持ち、購買行動をしているのでしょうか。
本調査では、商品カテゴリ毎に「目的買い」か「ついで買い」かを調査しました。
また、商品決定のタイミングや店頭検討時のポイントを把握することで、ドラッグストアの利用実態を明らかにしました。

【調査結果トピックス】

●ドラッグストアでの買い物は、目的の商品以外も店内を見回る人が半数近くおり、コンビニよりも高い<図1-1,2>。
●「買いたいものがあったので出かける前から行くことを決めていた」人が85.2%を占め、「外出時に見かけて立ち寄った」人は1割に過ぎない<図2>。
●買い物にかかる時間は「20分未満」が83.0%、購入した金額は「2,000円未満」が64.4%を占める<図3-1,2>。
●事前に購入を決めている“目的買い”1位は【市販薬】<図4-1>。
また、来店してから購入を決めた“ついで買い”1位は【健康食品】<図4-2>。
●ついで買い理由は、「価格が安い・安売りしてたから」が多く、次いで「無くなった・減った事を思い出したから」。


◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒ リンク


【調査概要】

調査手法  : インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象  : 関東一都六県の20~69歳の男女 ※過去1週間以内にドラッグストアで買い物をした者
調査期間  : 2011年10月11日(火)~2011年10月13日(木)
有効回答数 : 2,000サンプル
回答者属性 : 男女別、年代別で均等割付


【引用・転載時のクレジット表記のお願い】
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただきますようお願い申し上げます。
 <例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」


◆調査内容に関するお問合せ先◆
株式会社クロス・マーケティング  担当:大島、天井澤(あまいざわ)
TEL:03-3549-0603  FAX:03-3549-0232  E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。