logo

開発ツールを必要な時に月額料金で使える『uniPaaS on Demand』サービスを提供 ~ユニアデックスのクラウド型AP配信サービス基盤を活用~



 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都渋谷区、以下マジックソフトウェア)は、高生産性ビジネスアプリケーション開発プラットフォーム『Magic uniPaaS』を、必要なときに月額料金で利用できるサービス『uniPaaS on Demand』(ユニパース オンデマンド)の提供を発表いたします。

 『uniPaaS on Demand』は、本日付けでユニアデックス株式会社から発表された、インターネット経由でAPシステム一式を配信するサービス【クラウドストリーム(TM)サービス】を基盤として提供されています。そのため、煩雑なインストール作業や、各種のパラメーター設定等の作業負担が軽減され、短期間で開発・実行環境を構築することが可能となります。

 「クラウドストリームサービス」については、以下、ユニアデックス株式会社のニュースリリースをご参照ください。
ユニアデックス 日本初、インターネット経由でAPシステムの仮想環境を構築する技術を開発
―即時使える状態でAPシステム一式を配信するサービスも提供開始―
リンク


■uniPaaS on Demand利用料金 : 1ユーザーあたり ¥25,000/月 (継続利用期間に応じ割引料金)
           (参考:通常のパッケージ購入価格: 1ユーザーあたり ¥600,000(税抜))

利用料金や利用手順など詳細は以下URLをご参照ください。
リンク

■uniPaaS on Demandの利用シーンとメリット
1.uniPaaSの開発環境を配信
  ●Magic uniPaaSを使用中のお客様には
    開発者の一時的な増員等に際し、必要な開発環境を必要な期間だけ追加できます
  ●これからMagic uniPaaSを使いはじめるお客様には
    開発用ライセンス購入のスタートアップ・コストを抑えられます

2.仮想化したuniPaaS実行環境を配信
 OS、DB、及びアプリケーション実行環境一式を仮想化して、必要なH/W環境に配信することができます。これにより開発会社やユーザー企業の開発担当部門は、uniPaaSの評価・検証環境をオンデマンドで必要な期間だけ月額料金で構築・使用することが可能です。

■クラウド・ビジネスのご提案
 「クラウドストリーム」を利用して、クライアント/サーバ型アプリケーションを、インターネット越しに配信しクラウドサービス化することができます。マジックソフトウェアはuniPaaSで開発したパッケージソフトのクラウド化を検討している開発会社様に、ユニアデックス株式会社と共に「クラウドストリームサービス」をご提案してまいります。

【Magic uniPaaSについて】
 高い生産性と保守性を誇るビジネスアプリケーション開発フレームワークです。パッケージソフト開発や、スクラッチ開発、及び企業ユーザーのインハウスでのアプリケーション開発・実行環境として広く利用され20年の実績があります。
 Magic uniPaaSで開発されたパッケージソフトは日本国内で300種以上が流通しており、累計で約25万社、50万クライアント以上のインストールベースがあります。


【マジックソフトウェア・ジャパンについて】
 イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic uniPaaS」と、サービス指向のシステム連携ツール「Magic jBOLT」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。
 現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社に 関する詳細は、リンク でご覧いただけます。

本社所在地: 東京都渋谷区代々木三丁目25番3号
代表: 代表取締役社長 佐藤 敏雄
事業内容 :
   ・開発ツール分野:Magic uniPaaS、および関連製品の仕入/製造、販売業務
   ・連携ツール分野:Magic jBOLTの仕入/製造、販売業務
   ・プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他

Magic uniPaaS、Magic jBOLT、uniPaaS on Demandは、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。