logo

高度運転者支援システム

ドライバモニタリング、車間距離制御システム、衝突警報システム、車線逸脱警告、死角検知、暗視システム

高度な運転者支援システム(ADAS)は、豪華で高級な自動車にだけ搭載されるものから、より多くの自動車に搭載される段階へと移行しつつある。搭載される数が増加するのに伴って、シリコンの組み込み効率が改善し、センサーの価格が下落している。また、センサの機能の向上や特徴の増加によって、今後数年間の新車においてADAS機能の追加を選択する誘因が大きく拡大すると予測されている。この調査レポートは、2010年第4四半期からの6冊の調査レポートの重要な点に注目している。ADASのマーケットデータからの表を記載しつつ、予測期間を2020年までに拡大して更新している。この調査レポートは、前期の6冊の調査レポートのハイレベルなサマリーが主眼であり、時間枠を拡大し、更新している。


【調査レポート】
高度運転者支援システム:ドライバモニタリング、車間距離制御システム、衝突警報システム、車線逸脱警告、死角検知、暗視システム
Advanced Driver Assistance Systems
Driver Monitoring, Adaptive Cruise Control, Collision Warning, Lane Departure, Blind Spot, and Night Vision Systems
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事