logo

「中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(1)」 2010~2011年-業界編を販売開始

~ 2010年の中国のオンラインショッピング市場ユーザ規模は1億4,800万人に中国のインターネットユーザの32.9%を占める~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、SBIリサーチ株式会社(東京都港区 代表取締役:沖田 貴史、以下「SBIリサーチ」)が提供する「中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(1)」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=687

報道関係者各位

平成23年10月26日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(1)」
 2010~2011年-業界編を販売開始

~ 2010年の中国のオンラインショッピング市場ユーザ規模は1億4,800万人に
中国のインターネットユーザの32.9%を占める~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、東京都港区 代表取締役:沖田 貴史、以下「SBIリサーチ」が提供する「中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(1)」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

※本報告書は、上海アイリサーチコンサルティング有限公司 (中国上海市 代表取締役:楊偉慶、以下「中国アイリサーチ社」)協力のもと、同社が中国国内で定期的に発表している中国のインターネット事情に関する報告書を日本語に翻訳したものとなります。


◆中国のオンラインショッピング市場における取引規模
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・2010年の中国のオンラインショッピング市場取引規模は、前年に比べ75.3%増加し、4,610億元(約5兆5,000億円)に達した。

中国のオンラインショッピング市場が順調に規模を拡大している理由は、C2C(個人間取引)モールのプラットフォーム内にB2C(企業と個人間取引)モールを開設するケースが増え、C2Cモール内に進出するB2C企業の売上収入が増加したこと、及びC2Cプラットフォームにおける収益チャネルが拡大したことが考えられる。

◆中国のオンラインショッピング市場におけるユーザ規模
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・2010年の中国のオンラインショッピング市場ユーザ規模は1億4,800万人に達し、中国のインターネットユーザの32.9%を占める。

中国ではネット世代の80年代生まれのユーザ(通称:「80后(バーリンホウ)」)が主力の消費層となり、オンラインショッピング取引が浸透し、また、それに伴い決済環境も向上した。オンラインショッピングのユーザ規模は引き続き右肩上がりで拡大し、2012年には2億人を突破、2014年にはネットユーザ全体の50%近くにまで及ぶものと予測する。

◆中国のオンラインショッピング市場における取引額シェア
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・2010年のB2C市場のシェアは、前年に比べ5.2ポイント増加し13.7%となった。2014年には
3割以上に達する見込みである。対するC2C市場は相対的に縮小していく傾向にあり、これはユーザが徐々に取引サイト上でのサービスの質を重視するようになってきているため、と考えられる。

◆中国のオンラインショッピング市場における取引規模ランキング(2010年)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・B2Cオンラインショッピング市場
2010年の中国B2Cオンラインショッピング取引規模ランキングTOP10では、淘宝商城(tmall.com)がトップで300億元(約3,600億円)、次いで2位の京東商城(360buy.com)が102億元(約1,200億円)となっている。その他にも取引規模が10億元(約120億円)を超える企業が6社ランクインした。


・C2Cオンラインショッピング市場
淘宝網(taobao.com)が全体の8割を占め、以前と変わらず1人勝ち状態である。続く拍拍網(paipai.com)が10.1%、易趣網(eachnet.com)が2.4%を占める。

◆その他の主なトピックス
-中国オンラインショッピング市場規模
 ・売上規模
 ・地域別取引規模
 ・カテゴリ別市場シェア
 ・商品売上規模
-中国オンラインショッピング市場におけるユーザ動向
 ・ユーザアクセス数
 ・ユニークユーザ数
 ・1ユーザあたりのアクセス頻度
-中国オンラインショッピング市場サイト
 ・コンバージョン率

(※)人民元から日本円へのレート換算は、2011年9月30日現在の数値を利用しています。


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(1)
発 刊 日:2011年9月30日
発   行:SBIリサーチ株式会社
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 30ページ(PDF)
頒   価:157,500円(本体 150,000円+税抜 7,500円)
   
※別途送料500円

詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-1555
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。