logo

オートデスクとGehry Technologies社、設計から施工に至る建築プロセスの改善に向けた協業を発表

~強化されたBIMコンサルティング サービスを通じて、建築業界のプロフェッショナルのBIM活用をサポート~

米国オートデスク社(本社:米カリフォルニア州サンラファエル、社長兼CEO:カール・バス)と、ビルオーナー、デベロッパー、設計者、エンジニア、ゼネコンなどの建築業界のプロフェッショナル向けに世界規模でテクノロジーとサービスを提供するGehry Technologies社(本社:米カリフォルニア州ロサンゼルス、CEO:デイン・マイヤーズ)は本日、戦略的パートナーシップを締結したと発表しました。このパートナーシップを通じて、建築業界のプロフェッショナルが競争の激しい業界で顧客の要求に応えられるよう、BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)の効果的な活用をサポートします。

今回のパートナーシップにより、Gehry Technologies社はビジネス/設計ワークフロー分野で、オートデスクのBIMソリューションを使ったコンサルティングサービスを拡充し、顧客向けにより良いサービスを提供することができます。

Gehry Technologies社の共同創立者であるフランク・ゲーリー氏(Frank Gehry)は次のように述べています。「私は、建築プロジェクトの成功を推進するためにGehry Technologies社を設立し、長年にわたって数々の課題を解決してきました。当社が開発したテクノロジーやプロセスは、このビジョンを実現するために必要不可欠であり、顧客に大きな価値を提供しています。当社は長年オートデスク製品を使用しており、今回のパートナーシップは、設計者、エンジニア、施工者、そしてビルオーナーが、業界の変革という共通の目標を推進する一助となるでしょう」

また、Gehry Technologies社の最高経営責任者(CEO)を務めるデイン・マイヤーズ氏(Dayne Myers)は次のように述べています。「今回のパートナーシップにより、当社はBIMワークフローを活用してコストや納期の短縮に取り組む世界中の企業へのサポートを強化し、既存のコンサルティング サービスを拡充できます。工程計画、トレーニング、プロジェクト コンサルティングで実績のある当社の方法論を活用することにより、業界で最も困難なプロジェクトにおいても、顧客は5~10%のコストと設計/施工時間の削減を実現しています。それらの革新的プロジェクトには、北京ナショナルスタジアム(北京国家体育場)、ラスベガスにあるLou Ruvo Brain Institute、ニューヨークにあるリンカーン・センターのアリス・タリー・ホール、ドバイにあるブルジュ・ドバイ・タワーなどが含まれます」

米国オートデスク社で AEC 事業部の上級副社長を務めるジェイ・バット(Jay Bhatt)は 次のように述べています。「オートデスクとGehry Technologies社のコンサルティング サービスにおけるパートナーシップは、建築会社のBIM移行を強力にサポートします。この協業は、それぞれの分野で世界をリードする両社の強みを生かしたもので、建築業界全体でBIMを導入し、オートデスクの包括的なBIMソリューションの活用を促進する好機であると考えています」

今回のパートナーシップを通じ、オートデスクはAutodesk Building Design Suite、Autodesk Revit(R)製品シリーズ、Autodesk Navisworks(R)、AutoCAD(R) Civil 3D(R)、Autodesk Vault Collaboration AECなどを含む製品の使用に関する幅広いサポートとトレーニングをGehry Technologies社のコンサルティング部門に提供します。またオートデスクはGehry Technologies社に出資します。なお、出資についての詳細は非公開です。

株式会社大林組のグローバルICT推進室 副部長を務める一岡 義宏氏は次のように述べています。「オートデスクとGehry Technologies社が、当社のような顧客向けにBIMソリューション/サービスを共同で展開することにとても興奮しています。BIMの導入と普及に向けて、世界標準のソフトウェアとサービスが組み合わさることで、建築業界は大きな利益を享受することでしょう」


免責事項
本プレスリリースには、今回のパートナーシップを通じてユーザがBIMプロセス上で享受する利益・効率性向上・コスト削減の範囲、オートデスクの業績ならびに提供製品やサービスへの影響、Gehry Technologies社顧客に対するオートデスクの義務に関する記述を含めて、リスクと不確定要素が伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。実結果が実質的に異なる可能性がある要素は次の通りです。
・オートデスクとGehry Technologies社の関係性において生じうる関係維持に困難をきたす事象、または予期せぬ障害
・一定の市場区分が予測通りに成長するかについての判断
・今回のパートナーシップに伴うソフトウェア業界の競合的な環境、および競合相手の反応
・オートデスクが新製品開発または既存製品の改良を順当に実施できるか、さらにこれらの製品が市場でどの程度受け入れられるかについての判断
・一般的な市場・経済状況
・期待される成長機会への投資の時期および程度
・価格圧力
・コスト削減の継続および生産性の向上不能
・製品発売および販売終了時期の変更
・主要な新アプリケーションが予測される顧客の受け入れ水準に満たないこと
・技術の進歩における継続的な成功の達成不能
・当社のコンサルタントまたはサード パーティー デベロッパーとの契約の中断または終了
・法的手続き・規制上の手続きにかかる費用およびその影響
・投資による予測不能な会計上の影響

オートデスクの財務業績に影響を与える可能性のある潜在的要因に関する詳細は、同社の会計年度末(2011 年 1 月 31 日)の年次報告書の Form 10-K、ならびに四半期末(2011 年7 月 31 日)の Form 10-Q に記載されており、これらは米国証券取引委員会に登録申請されています。オートデスクは、将来予想に関する記述の作成日以降に発生した出来事、または生じている状況を反映させるために将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。


オートデスクのBIMソリューションについて
BIMは、より迅速に、経済的に、そして環境負荷を低減しながら建築物やインフラストラクチャ プロジェクトを設計/管理するためのインサイトを提供する、インテリジェントなモデル ベースのプロセスです。建築、インフラストラクチャ向けのオートデスクのBIMソリューションは、Autodesk RevitとAutoCAD Civil 3Dで作成されたインテリジェントなモデルを通じて提供されます。またBIMの効果を最大化するため、プロジェクトのビジュアライゼーション/シミュレーション、文書や専門的な図面の作成、データ管理やコラボレーションなどの補完的なソリューションを提供しています。Autodesk Building Design Suiteは包括的なツール群を、単一かつ低価格のパッケージで提供し、BIMワークフローをサポートします。


Gehry Technologies社概要
Gehry Technologies社は、オーナー、デベロッパー、設計者、エンジニア、ゼネコン、ファブリケーターなど、世界中の建築業界のプロフェッショナルに、建築業界向けの専門的な設計・プロジェクト管理テクノロジー、ならびにコンサルティング サービスを提供しています。Gehry Technologies社のソリューションは、コラボレーション、プロジェクト可視化、情報アクセスなどを通じて、クリエイティビティと管理性の向上、プロジェクトのリスク、コスト、納期までの時間の削減、プロセスや意思決定の改善を実現します。Gehry Technologies社は、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、メキシコシティ、アブダビ、香港、上海、北京にオフィスを構える非公開企業です。より詳細な情報は、同社ウェブサイトwww.gehrytechnologies.com (英語)をご覧ください。

オートデスク株式会社概要
本 社:  東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
大阪営業所: 大阪市淀川区宮原3-5-36  新大阪トラストタワー 3F
代表取締役社長:鬼澤盛夫
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
オートデスクホームページ: リンク

Autodesk,Inc.会社概要
Autodesk, Inc. (NASDAQ: ADSK) は、3Dデザイン ソフトウェアを提供する世界的な企業です。製造、建築、土木、メディア&エンターテインメント産業を中心に、多岐にわたる顧客がアイデアの具現化や視覚化、シミュレーションにAutodeskのソフトウェアを使用しています。顕著な例として、アカデミー賞(R) 視覚効果賞の受賞者にオートデスクの顧客が15年連続で選ばれています。1982年のAutoCAD(R)の発表以来、世界の市場を対象に業界先進のデザイン ソフトウェアの開発に取り組んでいます。詳細は、リンク をご覧ください。

当プレスリリースに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:木下/田坂
Email: autodesk@golinharris.com
phone: 03-5484-6024

◆ お客様問い合わせ窓口
オートデスク インフォメーションセンター TEL: 0570-064-787

Autodesk、Revit、Navisworks、AutoCADならびにCivil 3Dは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。アカデミー賞(Academy Award)は、米映画芸術科学アカデミー(the Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
(C) 2011 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。