logo

マクニカネットワークス、米VKernel(ヴイカーネル)社製 仮想環境のキャパシティ・パフォーマンス最適化ツールの最新バージョン「vOPS 4.0」を販売開始

大規模環境における可視化を強化、Hyper-V対応

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社 (以下 マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、米国VKernel, Inc.(以下 ヴイカーネル社、本社:米国マサチューセッツ州アンドバー、CEO:Doug McNary)の仮想環境のキャパシティ・パフォーマンス最適化ツールの最新バージョン「vOPS 4.0」を2011年10月20日より販売することを発表いたします。

ヴイカーネル社のキャパシティ・パフォーマンス最適化ツール「vOPS」は、包括的な仮想環境の管理を実現する仮想アプライアンスです。具体的には、仮想環境特有のパフォーマンス問題の解決と仮想環境のキャパシティ最適化という2つの課題に対するソリューションを1つに統合している点が大きな特徴になります。「vOPS」は、社内の仮想環境からプライベートクラウド、パブリッククラウドなどの様々な環境において、全世界で800 社以上に導入されています。また、複雑なパフォーマンス問題の解決策を分かりやすいユーザ・インターフェース上で可視化するなどの機能が高く評価され、VMworld 2010 の仮想環境管理部門においてGold Award を受賞しています。

今回販売を開始する「vOPS 4.0」には、新機能「vScope」が追加され、大規模環境における可視化が強化されました。「vScope」は数百台規模のVMのパフォーマンス・キャパシティ状態を1画面でチェックすることが可能な機能で、VM数が数十台~数百台と増えてきても、容易に仮想環境全体の状態を把握することが可能です。また、vOPSはこれまでVMware環境での使用に限定されていましたが、この度マルチハイパーバイザー対応(Hyper-V対応)の機能が追加されました。さらに、来年早々にはRedHat Enterprise Virtualization上のKVMへの対応も予定しており、今後もvOPSはVMware、Hyper-V以外のハイパーバイザーも積極的に対応していく予定です。


【Ver.4.0の新機能】
・大規模環境における可視化強化 「vScope」
vScope機能の追加により、数百台規模のVMのパフォーマンス、キャパシティ状態を1画面で全体表示可能に。

・スケーラビリティ強化
仮想アプライアンスの64ビット化により、内部データベースのみで数千台のVMまで管理可能に。

・マルチハイパーバイザー対応
Hyper-V環境においても、vOPSのすべての機能を利用可能に(Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008R2およびMicrosoft System Center Operations Manager 2007R2により管理されていること)。

マクニカネットワークスは、ヴイカーネル社と国内一次代理店契約を締結し、2011年6月より積極的に国内販売を展開しています。本製品の最新情報、評価版ダウンロード等に関しては、本バージョンの販売開始と合わせ、弊社ホームページより提供します。


<製品に関するお問合せ先>
マクニカネットワークス株式会社 ヴイカーネル製品担当
TEL: 045-476-2010  E-mail: vkernel@cs.macnica.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。