logo

小型風力発電市場は2015年までに市場規模が倍増して6億3400万ドル

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「世界の小型風力発電市場と予測:需要促進要因と阻害要因、技術動向、競合環境-Small Wind Power:Demand Drivers and Barriers, Technology Issues, Competitive Landscape, and Global Market Forecasts」のプレスリリースにおいて、小型風力システムの世界市場は2010-2015年に2億5500万ドルから6億3400万ドルとほぼ倍増するだろう、との予測結果を発表しました。

小型の風力タービンによる発電は、拡大する再生可能エネルギーの分散型発電の市場においてますます重要になってきている。小型風力は、コスト効率がよい電力を非常に局所的なレベルで、遠隔設置でも電力網からの電力との共用もできる。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「世界の小型風力発電市場と予測:需要促進要因と阻害要因、技術動向、競合環境 ー Small Wind Power:Demand Drivers and Barriers, Technology Issues, Competitive Landscape, and Global Market Forecasts」は、小型風力発電の産業は、政府の補助金や小型風力発電システムの認知度の向上によって促進していると報告している。その他の促進要因としては、消費者や共同体が発電設備を所有したいという需要や、小型風力タービンへの投資が地域の経済発展における持続的な駆動要因になるという認識が高まっていることなどがあげられる。

パイクリサーチ社は、小型風力システムの世界市場は、2010-2015年に2億5500万ドルから6億3400万ドルとほぼ倍増するだろうと予測している。同時に、小型風力発電の発電量は約3倍増の152メガワットとなり、小型風力発電システムの導入価格はキロワット当たり4,150ドル強にまで下落するだろう。


【調査レポート】
世界の小型風力発電市場と予測:需要促進要因と阻害要因、技術動向、競合環境
Small Wind Power
Demand Drivers and Barriers, Technology Issues, Competitive Landscape, and Global Market Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。