logo

DNPデジタルコム アジア圏に進出する企業向けにシンガポールでクラウド型のホスティングサービスを提供

大日本印刷株式会社(DNP)の子会社で、電子メディアの企画制作を行う株式会社DNPデジタルコムは、アジア圏に進出する日系企業の情報発信をサポートするホスティングサービスを強化するため、仮想ウェブサーバーと仮想データベースサーバーによるクラウド型のホスティングサービスを10月11日に開始します。


【背景】
近年、経済成長の著しいアジア圏に進出する日本企業が増加しており、日本国内と同様の品質とスピードで、現地の生活者や企業に商品やサービスなどの情報を提供することが求められています。企業の積極的な情報発信には、高い情報セキュリティに守られた安心・安全なデータセンターの活用が有効ですが、その整備・運営に伴う費用や労力の負担は少なくありません。この課題に対してDNPデジタルコムは、停電や自然災害などのリスクが低く、アジア圏に優れたネットワーク環境を備えているシンガポールにおいて、KDDI株式会社が運営する高品質データセンター「TELEHOUSE」(*1)内に専有の設備を導入し、クラウド型のホスティングサービスを開始します。


【サービスの概要と特長】
DNPデジタルコムは、ホームページなどのデータを管理する「仮想ウェブサーバー」と多様なデータベースを管理する「仮想データベースサーバー」をはじめとしたクラウド型のホスティングサービスを開始します。日本でプライバシーマークやISMS(Information Security Management System)認証を取得しているDNPデジタルコムのセキュリティ基準による優れた情報セキュリティ体制を実現し、24時間・365日の連続運用・監視のもと、安心・安全なサービスを提供します。
ファシリティ面では、日本の国際通信を牽引してきたKDDIの「TELEHOUSE」に専有の設備を導入し、トップクラスの回線容量や高度なセキュリティ体制でサービスを提供します。
DNPデジタルコムは、クラウド型のホスティングサービスだけでなく、現地の言語によるウェブサイトの企画・提案・制作・運用、各種システムの設計・開発など、情報通信技術(ICT)に関する業務をトータルに支援していきます。
・アジア圏向けのウェブサイトを運営する際、シンガポールにあるデータセンターを利用することにより、ネットワークの遅延を抑えた円滑な情報発信を行うことができます。
・国内と海外のデータセンターを併用することで、災害などの緊急時にもウェブサイトで迅速かつ継続的な情報発信ができるほか、重要な情報資産を遠隔地でバックアップすることも可能になります。
・クラウド型のサーバーインフラの提供だけではなく、仮想サーバー上のゲストOS設定、データベースなどのミドルウェア設計・構築・保守管理、各種監視や障害発生時の復旧対応など、顧客のサーバー管理者としてDNPデジタルコムが一括して管理・運営します。
・現地の言語によるウェブサイトやコンテンツの企画・提案・制作・運用、各種システムの設計・開発など、顧客のWebビジネスに関する業務をトータルに支援します。
・企業が運用している従来のシステムを仮想サーバーに集約することで、各種運用費用を削減することが可能です。

詳細はこちらよりご覧ください。
リンク


【価格(税抜き)】
・1仮想ウェブサーバー 初期費用:180,000円、月額利用料:160,000円~
・1仮想データベースサーバー 初期費用:200,000円、月額利用料:360,000円~
※3年契約の場合。

サーバーの機能強化を図るための下記のオプションサービスも提供します。
・CPUオンデマンド(1core追加)
・ディスクオンデマンド(50GB追加)

(注)上記価格の為替レートは、ご契約から1年間は同一のTTSレートを適用します。翌年度以降は更新時のTTSレートを適用します。


【今後の展開】
DNPデジタルコムは、アジア圏に情報配信する企業だけでなく、自然災害やシステム障害などへの対応体制である“ディザスタリカバリ”(*2)として海外でのデータバックアップを検討している企業などに向けて当サービスを提供し、2013年度までに3億円の売上を目指します。

大日本印刷株式会社 本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円
株式会社DNPデジタルコム 本社:東京 社長:千葉亮太 資本金:1億円

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 
*1 TELEHOUSE : 日本の国際通信を牽引してきたKDDI株式会社が運営する高品質データセンターのブランド名称です。キャリアニュートラルの原則による高い中立性と、トップクラスの回線容量による高い接続性を備え、多くのグローバルキャリア、現地のキャリア、インターネット・エクスチェンジ(IX)、インターネットサービスプロバイダ(ISP)を集約する高品質なデータセンターとして海外で高い評価を得ています。

*2 ディザスタリカバリ : 自然災害などで被害を受けたシステムを復旧・修復すること。また、そのための備えとなる機器・システム・体制のこと。システムを災害から守るだけでなく、いかに効率よく迅速に障害から復旧させるかという視点で対策を施し、システム停止による利益損失を最小限に抑えることを目的とします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事