logo

【レポート販売】「企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011」を販売開始

~注目活用事例と企業担当者1000人調査~クロス集計データ付属~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011」を販売開始しました。

詳細ページ:https://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=672

報道関係者各位

平成23年10月7日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011」を販売開始

~注目活用事例と企業担当者1000人調査~クロス集計データ付属~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011」を販売開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 資料概要 ■■

2000年代中盤から急速に普及したブログやmixiといったソーシャルメディアは、いまやインターネットの中核ともいえる存在となり、個人のライフスタイルや企業のマーケティング活動において無視できない重要なメディアとなっている。さらに2010年からはTwitterや実名制のFacebookといった新しいソーシャルメディアの急成長や、ソーシャルグラフ(人と人との関係性)を活用したソーシャルアプリビジネスの台頭、スマートフォンなどのモバイルデバイスの急速な普及による利用機会・利用場所の拡大などもあり、近年、ますますソーシャルメディアの重要性は増しつつある。

そこで本書では、企業のオンラインマーケティング担当者ですでにソーシャルメディアに取り組んでいる担当者860人と、取り組んでいない担当者175人に対し、Twitter、Facebook、mixi、ブログ、YouTubeなどの各ソーシャルメディアをどのような目的でどのように利用しているのか、運用ポリシーの有無や予算、効果や課題など詳細なアンケートを行い、調査結果の単純集計および、業種別、従業員規模別のクロス集計結果を掲載・解説している。調査結果は、プレゼンなどにすぐ使えるよう、Excel形式でCD-ROMにも収録している。

また、ソーシャルメディア活用の視点や、注目すべき最新の活用事例、FacebookとTwitterの企業活用の概況などもまとめ、今後のソーシャルメディアビジネスを展望する。

~~RAWデータのご案内~~
本レポート第4章のRAWデータを特別価格にてご提供いたします。
詳しくは下記お問い合わせ先までお問い合わせください。
Mail:cs-info@cross-m.co.jp


■■ 目次 ■■

はじめに

第1章 ソーシャルメディア活用の視点

   1.1 急成長するソーシャルメディア

      1.1.1 消費者にソーシャルメディアが浸透
      1.1.2 Twitter とFacebook
      1.1.3 ソーシャルグラフの更新性

   1.2 企業もソーシャルメディアを活用

      1.2.1 企業もソーシャルメディアに注目
      1.2.2 ソーシャルメディア活用の課題
      1.2.3 今後の予測

第2章 注目すべき新たなソーシャルメディア活用事例

   2.1 ソーシャル広告

      2.1.1 ソーシャル広告とは
          ■アジャイルメディア・ネットワーク「ソーシャルバナー」
          ■Fringe81「Tweetbanner Post」
      2.1.2 ウィジェット広告
          ■海外のコカ・コーラのウィジェット広告
      2.1.3 広告表現と配信技術にソーシャルグラフを利用
          ■マイスペース
          ■ポカリスエット
          ■ナイキジャパン

   2.2 ソーシャルコマース

      2.2.1 ソーシャルコマースとは
      2.2.2 Facebookで商品やサービスを販売
          ■洗剤ブランド「Tide」
      2.2.3 Facebookと連携
          ■The Levi’s Friends Store
          ■楽天市場
      2.2.4 フラッシュマーケティング
          ■グルーポン
          ■ポンパレ
      2.2.5 オフラインの商取引を促進
          ■ディーゼル
      2.2.6 モバイルソーシャルメディア
          ■Facebookの「Check-in Deals(チェックインクーポン)」

   2.3 ソーシャルCRM

      2.3.1 ソーシャルCRMとは
      2.3.2 具体的な取り組み
          ■JetBlue Airways(ジェットブルー航空)
          ■Twelpforce Best Buy(ベストバイ)
          ■ソフトバンク

第3章 TwitterとFacebookの現状

   3.1 Twitter

      3.1.1 サービス概要
      3.1.2 日本での利用動向
          ■ユーザー属性
          ■東日本大震災時の活用
      3.1.3 企業活用動向
      3.1.4 広告プログラム
          ■プロモーテッド・ツイート
          ■プロモーテッド・トレンド
          ■プロモーテッド・アカウント

   3.2 Facebook

      3.2.1 サービス概要
      3.2.2 日本での利用動向
      3.2.3 企業活用
          ■Facebookページを作成する
          ■広告出稿
          ■アプリによるプロモーション

第4章 企業のソーシャルメディア利用実態

   4.1 調査概要

      4.1.1 調査概要
      4.1.2 回答者のプロフィール

   4.2 ソーシャルメディア利用状況

      4.2.1 企業のソーシャルメディア利用率
      4.2.2 取り組んでいるソーシャルメディア

   4.3 利用実態

      4.3.1 利用しているアカウントの単位
      4.3.2 ソーシャルメディア利用の目的
      4.3.3 利用開始時期
      4.3.4 保有しているアカウント数
      4.3.5 Twitterのアカウント名
      4.3.6 Twitterのフォロワー数
      4.3.7 Facebookページの有無
      4.3.8 Facebookページの数

   4.4 運用状況

      4.4.1 担当者の専任状況
      4.4.2 運用担当者の人数
      4.4.3 運用ポリシーの有無と遵守状況
      4.4.4 利用に関する社内勉強会や研修の有無
      4.4.5 ソーシャルメディアの運用予算
      4.4.6 ソーシャルメディア運用の課題

   4.5 効果

      4.5.1 利用しているソーシャルメディア別の効果
      4.5.2 利用目的別の効果

   4.6 今後の意向

      4.6.1 利用していないソーシャルメディアの利用意向
      4.6.2 非利用企業のソーシャルメディアの利用意向
      4.6.3 ソーシャルメディアに取り組まない理由


■■ 資料概要 ■■

商 品 名:企業ソーシャルメディア利用動向調査報告書2011
発 刊 日:2011年09月22日
執 筆 者:【著】太駄 健司、インターネットメディア総合研究所
     【編】インターネットメディア総合研究所
発 行:株式会社インプレスR&D
販 売:株式会社クロス・マーケティング
版 型:A4 / 210ページ
■CD-ROM      60,900円(税抜58,000円+消費税2,900円)
■製本+CD-ROM   71,400円(税抜68,000円+消費税3,400円)
※各別途送料500円

詳細ページ:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5458
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。