logo

高性能携帯型機器向けLEDバックライト・ドライバICを発表

STマイクロエレクトロニクス 2011年10月03日 10時54分
From PR TIMES



低消費電力化、開発期間短縮、コスト低減を実現すると共に、
回路設計を簡略化する、電力効率に優れた白色LEDバックライト用 超小型制御IC
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野における多種多様なアプリケーションに半導体を提供する
世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
白色LEDで構成される電力効率に優れたLCDおよびキーパッド用バックライトの
設計を簡略化する新しいLEDバックライト・ドライバICを発表しました。これに
より、モバイル機器向け省電力ソリューションのポートフォリオが拡充されます。

従来の蛍光管に代わる低消費電力の白色LEDバックライトは、スマートフォン・
ゲーム機器・GPS端末といった携帯型機器のバッテリの長寿命化を可能にします。
STの新しいLEDバックライト・ドライバICであるSTLA02は、バックライトの負端
子(ローサイド)をグランドに直結し、ローサイドの検出用接続が不要な
ハイサイド電流検出を行うことで、バックライトの設計を改善します。そのため、
プリント基板のシンプルな設計やバックライトへの配線数の低減が可能になり、
システムの信頼性が向上します。

最大6個のLEDを駆動するSTLA02は、僅か2.5Vの電源電圧で動作するため、1個の
リチウム電池を電源とするシステムでも使用することができます。また、最大
入力電圧が18Vのため、その他の様々なバッテリでも使用可能です。

ST独自のプロセス技術を活用することでクラス最高の集積度と電力効率を実現し
たSTLA02は、高機能携帯型機器の小型化とバッテリの長寿命化に役立つ広範な
製品ポートフォリオをさらに拡充します。このポートフォリオには、非常に高効率な
DC-DCコンバータ、オーディオICとD級アンプ、アンビエント・ライト・
センサ、モーション・センサおよびSTM8 / STM32ファミリ等の高性能・低消費
電力マイコンが含まれています。

主な特徴
・昇圧DC-DCコンバータ内蔵
・電源電圧入力範囲:2.5V~18V(1cell Li-Ionバッテリ駆動可能)
・最大LED駆動電圧:27V
・出力電流: 20mA(LED 1個当り)
・スイッチング周波数:2.3MHz
・PWM調光範囲: 300:1
・電流モード制御による高速応答が可能なイネーブル端子
・過熱・過電圧保護機能

STLA02は現在量産中で、DFN6パッケージ(6ピン)にて提供されます。単価は
1000個購入時に約0.892ドルです。大量購入時の単価については、お問い合わせ
ください。

詳細については、 リンク をご覧くださ
い。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術
力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチ
メディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を
許さないリーダーとなることを目指しています。2010年の売上は103.5億ドル
でした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL: 03-5783-8250 FAX: 03-5783-8216


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。