logo

ザイリンクス、iPhone向けのPocket Power Estimatorアプリをリリース開始

ザイリンクス社 2011年09月29日 11時55分
From JCN Newswire

Tokyo, Sept 29, 2011 - ( JCN Newswire ) - ザイリンクス社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:XLNX) は9月27日(米国時間)、PCと同様にiPhoneを愛用しているデザイナー向けに、ザイリンクス28nm 7シリーズ フィールド プログラマブル ゲートアレイ(FPGA)の消費電力を簡単かつ迅速に調べられるアプリをリリースしたと発表した。アップル社 iPhone 向けに新しくリリースした Pocket Power Estimator (PPE) アプリを使用すると、ザイリンクスの 28nm プログラマブル プラットフォームを使ったシステムにおいて、消費電力をいかに最小化できるかを別のソリューションと比較することができる。PPE は、アップル社の App Store で米国時間の9月27日からダウンロード可能で、史上初、消費電力を、素早く容易に what-if シナリオで検証することが可能になる。さらに複雑でかつ詳細な検証には、ザイリンクス ISE(R) Design Suite の XPower Estimator (XPE) や XPower Analyzer (XPA) といったツールを使うというような併用が行える。

ザイリンクスの上級エンジニアで消費電力の第一人者であるマット クライン (Matt Klein) は、「我々がターゲットとするマーケットのどのセグメントの電子システム メーカーも、現在の消費電力を削減するか、あるいは同じ消費電力でシステム性能を高めるかに躍起になっています。非常に人気が高いスマートフォン プラットフォーム向けに Power Pocket Estimator (PPE) を提供することによって、いつも iPhone で情報を得ている多忙なデザイナーが手軽に消費電力を予測できるようになり、デザインの生産性をさらに高められるでしょう」と述べている。

iPad での利用も可能な PPE アプリは、使い易い GUI を提供し、SerDes 利用率や DSP、メモリ、ロジック容量といったリソース要件などを素早く入力することができる。ザイリンクスの 28nm 7 シリーズ FPGA は、ファウンドリ パートナーである TSMC 社が提供する HPL (high-performance/low-power : 高性能および低消費電力) プロセス テクノロジを導入したこともあり、前世代の 40nm FPGA と比較して消費電力を平均して約 50% 削減している。総消費電力低減の成功要因となったその他の要素としては、最大 (すなわちワースト ケース) でスタティック消費電力を 65%、ダイナミック消費電力を 25%、I/O 消費電力を 30%、トランシーバーの消費電力を 60% それぞれ低減している。PPE アプリは、総消費電力のこれらさまざまな側面を考慮して設計されており、いろいろな機能ブロックごとに消費電力を高い精度で予測できるだけでなく、ザイリンクスのその他デバイスや競合デバイスとの比較も可能である。PPE はまた、独自仕様に合わせてカスタマイズするためのとりかかりとして使用できるアプリケーション リファレンス例も提供している。アプリの初期リリース版には、有線および無線通信機器市場向けのデザイン例が含まれており、今後さらにその他セグメント向けのデザイン例や、iPhone 以外のスマートフォン向けアプリのリリースも予定している。

7 シリーズ FPGA の低消費電力効果

28 HPL プロセス テクノロジは、28nm HP プロセスで使用される SiGe 内蔵プロセスに見られる歩留まりやリークの問題を回避でき、よりコスト効率の良いプロセス ソリューションを実現する。7 シリーズ FPGA はデザイン上の余裕が大きく、HPL プロセスによって動作電圧の許容範囲も広くなっており、動作電圧の値の選択肢が幅広いため、電力と性能の組み合わせを柔軟に設定することができる。このため、7 シリーズ FPGA のすべてのデバイスで、「-2L」低消費電力オプションを新しく利用することが可能となり、中程度のスピード グレードにおいて市販されている競合製品と比べて、スタティック電力を 45% も低減することができる。この -2L デバイスは 0.9V のコア電圧で動作が可能なためさらに消費電力を下げることができ、同程度のスピード グレードの競合製品と比較してスタティック電力を 55%、ダイナミック電力を 20% それぞれ削減できる。

消費電力削減に有効なデザイン ツールとしては、ザイリンクスが FPGA 向けに初めて導入したきめ細かい自動クロック ゲーティング ソリューションによって、ダイナミック消費電力を最大 30% 低減できる。自動で利用できるこの機能は、標準的な FPGA デザイン フローのプレース アンド ルート部分にリンクしており、デザインのすべての部分の解析が可能な革新的アルゴリズムを用いて、クロック ゲーティング シグナルやロジック ゲーティング シグナルをきめ細かく生成することによって、余剰のスイッチング アクティビティを無効化することができる。PPE では、消費電力最適化オプションを使うことによって、インテリジェント クロック ゲーティングの低消費電力メリットを簡単に実現できる。さらに重要なポイントとして、ワーストケースにおける消費電力を予測することも可能である。ザイリンクスの PPE アプリは、さまざまな条件における総消費電力を予測できるようになっており、それぞれのデザイン シナリオについて合理的かつ現実的な予測を行うことができる。

提供体制

ザイリンクス PPE モバイル アプリケーションは、アップル社の App Store より無料でダウンロード可能である。Android その他のスマートフォン向けの PPE アプリ も本年中に提供する予定である。ザイリンクスの消費電力低減への取り組みに関する詳しい情報、また PPE アプリへのリンクについては、 リンク を参照されたい。

ザイリンクスについて

ザイリンクス(NASDAQ:XLNX)は、プログラマブル プラットフォームのリーディング プロバイダーである。詳しい情報は Web サイト リンク で公開している。

※ ザイリンクスの名称およびロゴ、Artix、ISE、Kintex、Spartan、Virtex、その他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
ザイリンクス株式会社
マーケティング本部 竹腰
TEL: 03-6744-7740/FAX: 03-5436-0532

株式会社井之上パブリックリレーションズ
ザイリンクス広報担当 鈴木/関
TEL: 03-5269-2301/FAX: 03-5269-2305

下記のザイリンクス株式会社 Web サイトもご参照ください。
トップページ: リンク
プレスリリース (日本語): リンク
このリリースの全文は次のURLを参照のこと: リンク

概要:ザイリンクス社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。