logo

経験豊富なアナリストレベルのアクセス解析レポートを自動生成できるツールを株式会社アド・エスタが開発!ASPにて本日9月12日より発売開始!

株式会社アド・エスタ 2011年09月12日 09時00分
From ValuePress!

報道資料 株式会社アド・エスタ
2011年09月12日

【Webサイトのアクセス解析レポート作成作業を自動化したツールを開発・ASPにて販売開始】

◇ 見やすくデザインされたグラフやアクセス集計結果をパワーポイントファイルに自動生成
◇ レポート作成の業務効率を格段にアップ
◇ サイト分析のアナリストの手法を自動化で、レポート作成の品質の標準化が可能
◇月額5万円で高度な分析レポートを無制限で利用可能
◇お試しサービス実施中


株式会社アド・エスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福田 達也)は、企業向けWebサイトアクセス解析レポート自動生成ツール「SITE STAIRE REPORT(サイト ステア レポート)」を2011年9月12日にリリース致します。(製品サイトURL:http:// sitestaire.com/)

「SITE STAIRE REPORT」は、アクセスデータを加工し、高度な分析を行うアナリスト作成のレポートと同レベルのレポートを簡単に作成することができるツールです。
同社は、Webコミュニケーション最適化を事業ドメインとし、Webサイトの分析・最適化コンサルティングをはじめ、ウェブサービスに特化した様々な事業を手がけており、これまで蓄積した解析ノウハウと、大企業のサイトアクセス分析を何社も手がけたアナリストの分析手法を自動化したツール「SITE STAIRE REPORT」を開発いたしました。

従来のWebサイトのアクセス解析レポートは、データをCSVなどのファイルでダウンロードし、PV・ユニークユーザ数・セッション数・滞在時間・検索キーワードなどの数値データを複合的に分析して、課題や問題点を発見、エクセルで表やグラフを作成後、分析コメントをつけてパワーポイント等でレポートとして加工するなどしており、分析知識、経験のある限られた分析者が手作業でしかできなかった作業です。このようなレポートを作成するのに4営業日程度かかる作業を、「SITE STAIRE REPORT」では、アクセス解析の知識・経験が無い人でも、アナリストが作る高度な分析レポートと同レベルのレポートを瞬時に作成することができ、それに伴い作業効率が格段に向上し、品質の標準化を図ることができます。

また、「SITE STAIRE REPORT」は、パワーポイントファイルで自動生成されるため、従来の解析サービスのような「PDF」ファイルで提供されるものとは違い、デザインの変更・ページの追加・削除・テキストの編集など、パワーポイントで作業可能なことは全て操作可能となっており、独自の分析結果としてレポートを作成することも可能です。

同社は、製品のリリースから1年間で3,000サイトの導入を目標にしており、既に株式会社読売広告社をはじめ、数社が「SITE STAIRE REPORT」の導入を決定しております。

「SITE STAIRE REPORT」は今後、Webコミュニケーション最適化ツールとして、Webサイトのみに留まらず、SNS解析の実装や解析項目の機能追加を順次行っていきます。


「SITE STAIRE REPORT」 製品案内

◇販売価格
初期費用:0円
月額費用:50,000円(1URL / 月間レポート生成数無制限)

◇対応済みアクセス解析システム
Google Analytics
弊社指定CSVデータファイル

◇主な機能
アクセス解析レポート自動生成機能
弊社指定CSVデータファイルアップロード機能
Myページ機能(ログイン・基礎情報編集・レポート情報編集・複数サイト管理可能)
過去作成レポート一覧及びダウンロード機能(その他一覧機能有り)

◇製品サイト: http:// sitestaire.com/


<会社概要>
会社名 :株式会社アド・エスタ
所在地 :東京都渋谷区渋谷1-17-3 木下ビル2F
代表者 :代表取締役 福田 達也(ふくだ たつや)
資本金 :1200万円
設立 :2005年5月
事業内容:Webサイト分析・最適化コンサルティング、Webサイト企画・制作・運用、SNS運用・iPhoneアプリ企画・制作・運用、アンドロイドアプリ企画・制作・運用
TEL :03-6418-6081
FAX :03-6418-6082
URL :リンク


<本件に関するお問い合わせ先>
担当 :檜山、水野
TEL :03-6418-6081
Mail :info@sitestaire.com


<参考資料> 「SITE STAIRE REPORT」 レポート主な機能

◇サイトパワー
「基礎力」「誘引力」「認知力」「回遊力」「定着力」「ユーザ転換力」の6つの独自指標を使ったレーダーチャート。同サイトの特定の月を基準月と設定する事で、その基準月をベースに、連続した3ヶ月間のデータを比較します。


◇サイトの量・質の変化
サイト全体のボリューム(UU(別グラフではセッション)、PV)とクオリティー(平均滞在時間)の推移を連続した3ヶ月間のデータを基にグラフ化。サイト全体の変化を可視化します。


◇質の遷移
「一人あたりPV平均」「平均滞在時間」の遷移を連続した3ヶ月間のデータを活用して表とグラフで表示。ページ(コンテンツ)に対する訪問者の質(深度)の遷移を可視化します。


◇閲覧コンテンツランキング
連続した3ヶ月間のデータを活用して「UU」「セッション」「PV」「滞在時間」それぞれのランキングを表示。そのデータを基にトータルランキング5位までを、画面キャプチャ画像付きでランキング化します。個々の項目に対して、矢印を使って前月からの変化も表示します。


◇検索キーワードの成長
調査月の検索キーワードトップ10位のワードを基に、調査月を含む連続した3ヶ月間の、ワードの遷移を表示。検索キーワードの成長をグラフで可視化します。


◇指定ページからのユーザ導線
使用者が指定したページからユーザ導線を表示。指定ページから遷移したページを4位まで表示し、5階層までの導線を表示しています。指定ページからの太い導線を特定します。
※コンバージョンページへのユーザ動線も別途ございます。


◇各コンテンツ毎の課題点(プロット)
入り口ページ全体を4つのエリアにプロットし、ページを評価します。入り口ページとしての役割を大きく果たしているにも関わらず、直帰率が高かったりと、課題の有るページまたは、貢献度の高いページの全体像を可視化します。詳細は内訳ページにて、トップ10位のURLを表示します。


◇各コンテンツ毎の課題点(内訳)
4つのエリアにプロットされた入り口ページの内訳トップ10位までを表示します。これにより、課題のあるページ、貢献度の高いページを特定します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。