logo

eラーニング「Microsoft PowerPoint 2010 使い方疑似体験講座」を9月15日に動学.tvに公開

コンピュータートレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、オンラインコンテンツ配信サービス「動学.tv(http://dougaku.tv/)」に、Microsoft PowerPoint 2010の操作の疑似体験がウェブ上でできる「Microsoft PowerPoint 2010 使い方疑似体験講座」を9月15日に公開します。

今回「動学.tv」に公開するコンテンツ「Microsoft PowerPoint 2010 使い方疑似体験講座」は、自分のパソコンにパワーポイントがインストールされていなくても、Webブラウザ上で同ソフトウェアの操作がシミュレーション出来てしまうコンテンツです。実際のアプリと同じような画面がブラウザ上に表示されて、ナレーションに合わせてストーリーが進行します。実際にマウス操作やキーボード操作が必要なシーンになると、正しい操作を求められ、正解しないと先に進めないようになっています。最後には確認テスト問題があるので、きちんと習得できたかを自己チェックできます。プレゼンテーションソフトに初めてチャレンジする人や、PCソフトの操作自体に不安があると言う人に最適です。

・無料サンプル
リンク

・コンテンツタイトル
Microsoft PowerPoint 2010 使い方疑似体験講座

・内容
実際のソフトウェアの操作をウェブ上で疑似体験できるコンテンツです。
動画版「Microsoft PowerPoint 2010 使い方講座」を視聴前に学習すると、効果的です。
【上巻】
1.PowerPoint の起動と画面構成
 ・起動と終了/開くと閉じる
 ・PowerPointの画面構成
 ・プレゼンテーションファイルを保存する
2.新しいプレゼンテーションの作成
 ・テンプレートを使って作成する
 ・「新しいプレゼンテーション」の作成
 ・タイトルスライドの作成と新しいスライドの挿入
 ・段落レベルの設定
3.グラフィックスの挿入
 ・オートシェイプの挿入
 ・クリップアートの挿入と画像の編集
 ・写真の挿入
4.SmartArtの挿入
 ・SmartArtの挿入
5.プレゼンテーションの編集
 ・アウトラインによる入力と編集
 ・スライドの入れ替えとコピー、削除
6.グラフの挿入と編集
 ・グラフの挿入
 ・グラフの編集
7.スライドショー
 ・スライドショーの基本操作
 ・スライドショーとして保存
 ・ビデオの作成
確認テスト問題


【下巻】
1.アニメーションの設定
 ・テキストへのアニメーションの設定
 ・再生順とタイミングの変更
2.SmartArtとグラフのアニメーション
 ・SmartArtとグラフのアニメーションの設定
3.画面切り替え効果
 ・画面切り替え効果
4.セクション
 ・セクションの追加
5.スライドマスター
 ・スライドマスターの編集
 ・マスターへの画像の挿入
6.発表の準備
 ・スライドショーの記録
 ・発表者ノート
 ・配布資料とノートの印刷
 ・目的別スライドショー
7.スライドショーでの書き込みとインクツール
 ・スライドショーでの書き込みとインクツール
8.ブロードキャストスライドショー
 ・ブロードキャストスライドショー
確認テスト問題


---------- 「動学.tv」特長 ----------
■10年以上の実績を誇る「誰でもわかる」シリーズのノウハウを生かした効果的な学習
■インタラクティブ・コンテンツでは操作を実体験しながらの学習も可能
■オンデマンド配信なので、時間、場所に束縛されない
■Word・Excel・CAD・DTP・DTM・映像編集・開発言語・WEBコースからTOEIC(R) TEST、ビジネスマナー・経理・情報漏洩対策・メンタルヘルスまで幅広い分野のコンテンツ
■ナレーターがテロップ入りで懇切丁寧に解説するので初心者でも安心
■自由にダウンロードできる復習に最適な演習ファイルを提供
■常に最新の情報を、最適な方法で提供
■講座数は約450
■1講座約60分前後なので450時間前後がインターネットで学び放題


このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当 金 秀麗(キム) info@attainj.co.jp
電話 03-3255-4721  リンク

このプレスリリースの付帯情報

教材画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。