logo

放射線検出材料の市場は2016年に27億ドル

米国の市場調査会社ナノマーケット社は出版レポート「放射線検出材料市場調査 2011年:Radiation Detection Materials Markets2011」のプレスリリースにおいて、新素材を使う探知器だけが満たすことのできるより高い精度と移動検出システムへのニーズが高まっている、との分析結果を発表しました。

米国の調査会社ナノマーケット社の調査レポート「放射線検出材料市場調査 2011年 ー Radiation Detection Materials Markets - 2011」は、国家安全保障、軍事、医療用画像処理、原子力、科学、地学的用途のシンチレーション、薄膜フィルム、半導体検出材料の市場を調査している。ヨウ化ナトリウム、臭化ランタン、ヨウ化セシウム、ヨウ化ストロンチウム、カドミウム化合物、珪酸塩、ハロゲン化物、酸化物、プラスチック/ポリマー、GaAs、ナノクリスタル(ナノ結晶)などの幅広い材料の市場機会を査定している。

この調査レポートは、放射線検出の材料市場の40以上の材料とアプリケーション毎の8年間予測を行っている。主要企業の動向と戦略も記載している。

調査対象企業は、Alpha Spectra、Canberra Industries、GE、浜松ホトニクス、Hilger、日立、堀場製作所、コダック、Lambda Photonics、Nucsafe、Omega Piezo、ORTEC、Radcom、Redlen、Rexon、Saint Gobain、三星、SIAC、Varianなどである。

<主な調査結果>
放射検出の市場は、全体的には穏やかに成長するだろうが、ナノマーケット社は、より高度な性能と低価格の放射検出用の材料は、国家安全保障と医療画像処理の市場で大きなニーズがあるだろうとみている。この両方ともが、放射線検出器を多く利用しており、新素材を使う探知器だけが満たすことのできる、より高い精度と移動検出システムへのニーズが高まっている。

【調査レポート】
放射線検出材料市場調査 2011年
Radiation Detection Materials Markets - 2011
リンク

◆米国市場調査会社 ナノマーケット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。