logo

【レポート販売】「2011年版 地域医療連携システムの現状と今後の方向性」を販売開始

~2012年診療報酬・介護報酬同時改定に向けた医療戦略~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2011年版 地域医療連携システムの現状と今後の方向性」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成23年8月26日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2011年版 地域医療連携システムの現状と今後の方向性」を販売開始

~2012年診療報酬・介護報酬同時改定に向けた医療戦略~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2011年版 地域医療連携システムの現状と今後の方向性」を販売開始しました。

詳細URL:リンク

■■ 商品概要 ■■

◆「診療情報共有システム」「連携室支援システム」「画像連携システム」別に地域医療連携システムの市場規模を予測 (2010年~2020年)

◆地域医療連携のICT化ニーズや医療政策動向を把握

◆地域医療連携システムベンダー11社の取材個票を収載 / システムを導入済み・導入予定の病院57施設にアンケートを実施


少子高齢化や、医療の高度化多様化、患者ニーズの変化、疾病構造の変化(急性疾患から慢性疾患へ)等により、これまでのように、ひとつの病院で全てを完結する「病院完結型医療」で運営していくことが困難となっています。また、医療機関の機能分化を推進する行政施策にともない、各病院が個々の特性を発揮し、地域で病院・診療所・介護施設などと連携して同じ患者の診療・治療を行う「地域完結型医療」への転換が求められ、医療機関間の連携や情報共有が必須課題となっています。2010年診療報酬改定においても、医療連携に関わる点数が加算され、2012年の介護報酬との同時改定へ向けたインフラ整備が行われました。

本資料は、地域医療連携調査シリーズ第2弾として、医療政策動向や、医療機関の医療連携の取り組みを把握するとともに、病院の地域医療連携業務の簡素化・効率化に資するシステムに焦点を当て調査し、地域医療連携の現状とIT活用の可能性を探ります。同時に、現在提供されている地域医療連携システムをその用途や機能別に分類し、各システムの参入企業動向や企業戦略、ユーザー動向を整理・分析し、2020年までの市場規模予測を行います。
本資料を地域医療連携システムベンダーやハードウェアメーカーに活用いただき、市場促進の一助となれば幸いです。


■■ 調査概要 ■■

◆調査対象:地域医療連携システムベンダー、医療機関等
◆調査方法:個別訪問ヒアリング、郵送アンケート調査、公表資料の収集・整理

■■ 資料目次 ■■

I章 総括
 1.地域医療連携システム市場の概要
 2.市場規模予測
   地域医療連携システムの全体市場規模予測
   診療情報共有システム 市場規模予測
   連携室支援システム 市場規模予測
   画像連携システム 市場規模予測

II章 地域医療連携をとりまく現状
 1.地域医療連携のICT化ニーズ
 地域医療連携とは、地域医療連携の必要性の高まり、地域医療連携におけるICT化の流れ、地域医療連携における標準化、地域医療連携におけるICT化の課題、地域医療連携システムとは
 2.医療政策動向
 内閣官房、総務省、経済産業省、厚生労働省、診療報酬改定、2012年診療報酬と介護報酬の同時改訂

III章 地域医療連携システム企業動向
 1.各社の製品戦略
 2.市場の見解とユーザー動向
 3.今後の課題と展開
 4.地域医療連携システム市場参入企業一覧
 5.地域医療連携システム納入事例一覧

IV章 地域医療連携システムベンター取材個票
 1.診療情報共有システム
 NTTデータ、ソフトウェア・サービス、日本電気、日本マイクロソフト、東日本電
 信電話、富士通、富士通システムソリューションズ、富士フイルム/富士フイル
 ムメディカル
 2.連携室支援システム
 インフォコム、ニッセイ情報テクノロジー、ファーストブレス、(参考)ヘルスクリック

V章 病院アンケート調査の結果
 ・ 地域医療連携システムの導入時期
 ・ 導入システムメーカー
 ・ 導入している地域医療連携システムにおいてよく利用する機能
 ・ 導入している地域医療連携システムの満足度
 ・ 他の院内システムとのネットワーク化の状況
 ・ 導入済み病院の回答一覧
VI章 資料
 1.医療情報化に関するタスクフォース報告書
 2.新たな情報通信技術戦略 工程表(抜粋)
 3.地域医療再生計画
 4.医療介護関連データ
 ・ 医療施設数の推移
 ・ 医療従事者数の推移
 ・ 介護施設数の推移
 ・ 介護従事者数の推移
 ・ 要介護認定者数の推移
 ・ 高齢者人口の推移
 ・ 人口の推移


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:2011年版 地域医療連携システムの現状と今後の方向性

発 刊 日:2011年7月25日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 200ページ
頒   価:
■製本版    126,000円(本体価格120,000円、消費税6,000円)
※別途送料500円

詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み
期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸
に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティ
ングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサ
ーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視
したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチ
に関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5458
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。