logo

austriamicrosystems、高効率3Aステップダウンコンバータを発表 AS1328DC-DCステップダウンコンバータ、極小のフットプリントで最大96%の高効率を実現

オーストリアマイクロシステムズ・ジャパン株式会社 2011年08月17日 09時00分
From DreamNews

austriamicrosystemsは本日、高効率1.5MHz同期型DC-DCステップダウンコンバータ「AS1328」を発表した。このバック・レギュレータは、最大96%の効率、25μAのわずかな静止電流による優れた軽負荷時の効率を実現しいる。

AS1328は、-40~+85の温度範囲において入力電圧2.7~5.5Vで動作し、0.6Vという低出力電圧で最大3Aの出力電流を実現。出力電圧固定バージョンは、増分50mVで利用可能で、可変バージョンは、外部抵抗により出力電圧を0.6Vから入力電圧の範囲で設定が可能。更に、AS1328バック・コンバータは、初期突入電流を最小化するSoftstart機能を搭載し、「パワーOK」または「低バッテリ」検出機能を利用可能。

ボード面積は、内蔵した2つのRDSonわずか35mOhmのスイッチ及び位相補償コンポーネントにより、最小化が可能。小型の3×3mm TQFNパッケージに格納したAS1328バック・レギュレータは、1.5MHzの高い固定スイッチング周波数で動作し、小さな表面実装型インダクタを使用できる。

austriamicrosystems、コンシューマおよび通信担当マーケティングマネージャ、テリー・ラヴェル(Terry Lavell)は
「エンドユーザは、より長いバッテリ寿命、より小さいサイズで、より多くの機能を備えたポータブルデバイスを求めています。高いピーク電流を供給するスイッチングコンバータが、軽負荷で優れた効率と静止電流を実現することが重要です。AS1328は、1mA~1Aでの優れたフラットな効率応答と、3Aの高いピーク電流性能を実現し、エンジニアが小型のフットプリントで電力供給を設計できるよう支援します。」と語っている。

AS1328 DC-DCステップダウンコンバータの入力電圧範囲は、一個のリチウムイオン電池で駆動するアプリケーションに最適。また、フットプリントが小さいため、医療機器やモバイル・インターネットデバイス、タブレットPCなどのポータブルデバイスにも使用が可能。更に、ソリッド・ステート・ドライブやセットトップボックス、基地局、テレコムおよびネットワーク設備、FPGA、DDR、マイコンのコア電源など高電流を必要とするアプリケーションもターゲットにしている。

価格と現在の販売状況
AS1328 DC-DCステップダウンコンバータは、現在出荷中。

技術サポート
製品の詳細情報、データシートのダウンロード、および無料サンプルをご希望の場合は、austriamicrosystemsのオンライン・ショップICdirectへ。
www.austriamicrosystems.com
AS1328高効率3Aステップダウンコンバータの詳細については、下記のURLへ。
www.austriamicrosystems.com/AS1328.






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。