logo

<札幌セミナーのお知らせ>札幌企業の成功事例から学ぶ、帳票マイグレーションによる コスト削減と電子化による企業メリット

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、北海道日本電気ソフトウェア株式会社とリコージャパン株式会社 北海道営業本部と共催で、帳票システムのマイグレーションセミナーを開催いたします。
当日は、札幌を拠点に建機レンタル業界を牽引する株式会社カナモトの情報システム部責任者より、膨大な帳票類の印刷・電子化・モニタリングと必要性にあわせた最適化を実施した結果、大幅なコスト削減を実現した先端的なマイグレーション成功事例を紹介いたします。

<セミナー開催概要>
開催日: 2011年8月25日(木)
時間: 14:00~16:00(開場13:30)
受講料: 無料
定員: 20名
会場: リコージャパン 北海道営業本部ビル
〒060-0807 札幌市北区北7条西4丁目12ニッセイMKビル
TEL:011-700-5511(代)
アクセスリンク
お申込みURL:リンク
共催: 北海道日本電気ソフトウェア株式会社
リコージャパン株式会社 北海道営業本部
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

<開催プログラム>
14:00~14:10 ご挨拶(リコージャパン)
14:10~14:30 札幌企業マイグレーション成功事例
(株式会社カナモト 執行役員  情報システム部長 熊谷 浩様)
14:30~14:50 マイグレーションのメリットと注意点(NEC)
14:50~15:10 コスト削減と電子化を実現する「SpoolServer」のご紹介(北海道日本電気ソフトウェア)
15:10~15:20 休憩
15:20~15:40 帳票マイグレーションを実現する「SVF」&「Dr.Sum EA」製品最新情報
(ウイングアーク テクノロジーズ)
15:40~16:00 リコー出力機最新情報とリアルデモ(リコージャパン)
(16:00~17:00質疑応答&個別相談会)


[ウイングアーク テクノロジーズについて] リンク
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、企業の情報活用を支援することで、システム開発や業務の生産性の向上、企業の競争力強化を支援します。経営を支える情報システムが構築・運用する、さまざまな業務システムのアウトプット環境をオープン化し、効率的な情報活用を実現する帳票およびBIのソフトウェアとサービスの販売、導入支援、保守サービスを提供しています。1stホールディングスグループの販売主幹企業として、帳票およびBI市場のソリューションを提供しています。
・「SVF」 【帳票総合基盤】帳票システムの基盤化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」 【BI・データ活用基盤】高速なデータの集計・分析と可視化


[1stホールディングスについて] リンク
1stホールディングスグループは、企業システムの情報アウトプット環境に着目し、その分野に特化した独創的なテクノロジーとソフトウェア、そして人的支援サービスをご提供して、情報活用に応える情報システムの支援に取り組んでいます。
(ウイングアーク テクノロジーズ株式会社、株式会社エフ・アイ・ティ、ディジタル・ワークス株式会社、株式会社フォー・クルー、文雅科信息技術(上海)有限公司、バリオセキュア・ネットワークス株式会社および持株会社である1stホールディングス株式会社の7社は、「1stホールディングス」グループとして、グループ経営体制の構築と連携強化を推し進めております)


<本セミナーに関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 セミナー窓口 
 E-mail:marke@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。