logo

GMOグローバルサイン社、SHA2対応の時刻配信局証明書(TA証明書)が国内で初めてスカパーJSAT社の衛星時刻配信サービスに採用

GMOインターネットグループ 2011年08月09日 14時06分
From PR TIMES

2011年8月9日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
==============================================================
GMOグローバルサイン社
SHA2対応の時刻配信局証明書(TA証明書)が
国内で初めてスカパーJSAT社の衛星時刻配信サービスに採用
==============================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結子会社で、電子
認証サービスを展開するGMO グローバルサイン株式会社(代表取締役社長:
中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン社)は、スカパーJSAT株式会社(代
表取締役執行役員社長 高田 真治 以下、スカパーJSAT社)が提供する衛星
時刻配信サービス「TimeShower(タイムシャワー)」において、国内の認証
局として初めて次世代の暗号アルゴリズム「SHA-2(シャーツー)」(*1)対応
の時刻配信局証明書であるGlobalSignの TA証明書(*2)が採用されましたので、
お知らせいたします。

 「SHA-2」は、プログラムや文書などのデータが改変されていないか確認す
る方法のひとつで、現在主流の「SHA-1」よりも安全性が高く、次世代の方式
として期待されています。

(*1) SHA-2とは、米国家安全保障局(NSA)が設計し、米国立標準技術研究所
   (NIST)が規格化した米国政府標準ハッシュ関数。

(*2) 時刻配信局証明書(TA証明書)とは時刻配信局(TA:TimeAuthority)を
   運営する企業の実在性を認証し、TAが運用する時刻配信サーバに対して
  、認証局が発行するサーバ証明書。

【「TimeShower」でのGlobalSignの TA証明書採用について】
 TA証明書は、財団法人日本データ通信協会 タイムビジネス認定センター
の厳正な認定基準を満たした時刻配信局(TA)に対してのみ、電子認証局が
発行することのできる証明書です。時刻配信局(TA)は、取引時刻に応じて
価格が変化する証券取引業や、タイムスタンプ(*3)サービスを提供する事業
者(TSA事業者)といった、高精度で信頼できる時刻を必要としている企業に、
TA証明書を用いて世界標準時(*4)を配信します。

 スカパーJSATの「TimeShower」は、タイムビジネス認定センターの認定を
受けた時刻配信局です。「TimeShower」でのGlobalSignのTA証明書の採用は、
時刻配信局として求められている以下の2つの条件を満たしているための結果
となります。

1.タイムビジネス認定センターが2012年3月末までを目標として、TSA局及び
  TA局において利用する暗号アルゴリズムを、より強度の高いものへ移行
  させる指針を示している。
  リンク

2.IEやFireFoxなどブラウザベンダーが推奨する、証明書の階層構造(ルート
  証明書のオフライン運用による3階層モデル)に準拠している。

 スカパーJSAT社の「TimeShower」は、GlobalSignのSHA-2対応TA証明書の採
用によって、他の時刻配信局に先駆けて、2010年問題に対応した時刻配信サー
ビスを提供いたします。また、「TimeShower」を利用してタイムスタンプサー
ビスを提供する時刻認証局運営事業者(TSA事業者)は、いち早くSHA-2対応
のタイムスタンプサービスの提供が実現できます。

(*3)タイムスタンプとは、作成または更新された電子データにおいて、記録
  されている作成・更新日時に関する情報に改ざんがないことを証明する
  電子証明書のこと。電子データに対してタイムスタンプを施すことで、
  誰でも簡単に電子データが「いつから存在する情報か、改ざんされてい
  ない真正な情報か」を確認することができます。

(*4)グリニッジ標準時の別名で、イギリスのグリニッジ天文台での平均太陽
  時のことです。世界各国の標準時(タイムゾーン)はここを基準に決定
  されています。

------------------------------------------------------
◆GlobalSignとは
 世に電子認証サービスが登場し始めた初期の段階より、ベルギーで10年に
わたって電子認証サービスの提供を行ってきた認証局です。ベルギー政府関
連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子
政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っ
ております。2006年にGMOインターネットグループ傘下となり、政府レベルの
セキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。

※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カード
   プロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのID
   カードが配布される。

主な実績:(数値は累積発行数)
・10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績
・140万枚を超える電子証明書発行実績(個人向けデジタルID・ウェブ
 サイト・ICカード向けなどを全て含む)
・合計2,000万枚以上の証明書発行実績を持つパブリックルート認証局(下位
 認証局からの発行含む)
・政府関連機関をはじめとするベルギー官公庁・大手企業への数多くの納入実績

主なプロフィール:
・ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局
・CABF(CA/Browser Forum)メンバー
 日本ではGMOグローバルサイン社がJCAF(日本電子認証協議会)のメンバー
 として参加
・Anti-Phishing Working Groupメンバー
------------------------------------------------------

以上

------------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOグローバルサイン株式会社 法人営業部 中嶋
TEL:03-5728-1551  FAX:03-5728-1552
E-mail:pr@globalsign.co.jp
------------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 経営財務本部・広報担当 加藤
 TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101
 E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
 TEL:03-5456-2695  FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
------------------------------------------------------


【GMOグローバルサイン株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOグローバルサイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
代表者 代表取締役社長 中條 一郎
事業内容 ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金 3億5,664万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOクラウド株式会社】(URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOクラウド株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
資本金 9億1007万円(2010年12月末現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※2011年4月1日をもって、GMOホスティング & セキュリティ株式会社から
 社名変更いたしました。

【GMOインターネット株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
     ■インターネットメディア事業
     ■インターネット証券事業
     ■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金 20億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。