logo

オートデスク、エンターテインメント業界向け製品最新版の 「Subscription Advantage Pack」を発表

~デジタル エンターテインメント クリエーション ソフトウェアのサブスクリプション ユーザに対し、強力な新機能をいち早く提供 ~

オートデスクは、デジタル エンターテインメント クリエーション ソフトウェア製品最新版の保守契約(サブスクリプション)ユーザ向けパッケージ「Subscription Advantage Pack」(サブスクリプション アドバンテージ パック)を発表しました。エンターテインメント分野でのCGやアニメーション制作に必要なソフトウェアをそろえたパッケージ製品の最新版「Autodesk(R) Entertainment Creation Suites 2012」(オートデスク エンターテインメント クリエーション スイート 2012)と、個別のエンターテインメント クリエーション ソフトウェア製品最新版で提供されるSubscription Advantage Pack は、オートデスクのサブスクリプションユーザに対し、複雑な作業の管理、日々のワークフローの効率化、創造性の拡張を実現する新機能をいち早く提供します。

エンターテインメント業界向けソフトウェア各製品のSubscription Advantage Packの特長は以下の通りです。

「Autodesk(R) Maya(R) 2012」(オートデスク マヤ 2012)のSubscription Advantage Pack は、今日のゲーム、映画、テレビ放送の制作で求められる複雑なシーンの管理に役立つ新しいツールを提供します。
・Alembic(アレンビック) ポイント キャッシュ フォーマットに対応し、複雑なデータをパイプラインを通して管理しやすい形式に変換。データの移行をスムーズにすると同時に、編集用データの移行時に付随する間接経費やロスを低減
・AMDのオープンソース物理演算エンジン「Bullet Physics」(バレット フィジックス)に対応し、大規模で写実性の高い、ダイナミックなシミュレーションが可能。ワンカットや連続するシーンでの3D衝突判定機能のほか、ソフト ボディとリジッド ボディの両方のシミュレーションを、バラエティに富んだ制約条件を使用しながら単一システム内で実現
・新しいノードエディタにより、クリエーターやテクニカルディレクターは共同作業を容易に実践。また、複雑なノードネットワーク環境でのデバックをサポート

「Autodesk(R) 3ds Max(R) 2012」(オートデスク スリーディーエス マックス 2012)は、レンダリングをより進化させ、クリエーターが求める完成像を、より早く、より簡単に制作できるようにします。同製品のSubscription Advantage Packの追加機能は以下の通りです。
・刷新されたレンダーパス システムにより、クリエーターはダウンストリーム コンポジティング用のシーンをより簡単に分割
・NVIDIAのiray レンダラー用のアクティブシェードレンダリングにより、カメラ、ライティング、素材、ジオメトリへの変更の都度更新されるインタラクティブなレンダリング セッションを通じて、より効率的な反復作業を実現
・Adobe(R) After Effects(R) と Adobe(R) Photoshop(R)との相互運用性がさらに強化
・3ds Max SDK(ソフトウェア デベロップメント キット)の.NETへの公開により、開発者はより効率的に3ds Maxを拡張・カスタマイズ可能

「Autodesk(R) Softimage(R) 2012」(オートデスク ソフトイマージ 2012)は、実用的な制作ツールをクリエーターやディレクターに提供します。同製品のSubscription Advantage Packの追加機能は以下の通りです。
・生産性と使いやすさを大幅に向上させるモデリングとセレクションの新ツールを搭載
・ICE(インタラクティブ クリエイティブ エンバイロメント)リジッド ボディ ダイナミクスに新たなオプションを追加し、シミュレーションツールセットを強化
・拡張されたSDKアクセスにより、より柔軟なカスタマイズを実現

「Autodesk(R) Mudbox(TM) 2012」(オートデスク マッドボックス 2012)のSubscription Advantage Pack は、強力な新しいツールの追加により、業界最高水準の3Dペイントおよびスカルプティング ソリューションをさらに強化しています。
・新しいGigatexel(ギガテクセル)エンジンにより、ハードウェア仕様に応じ充実した詳細描写の制作を実現
・エッジ シャープネス データ向けに拡張されたクリエイティブなペインティングとスカルプティングのツールセットで、バンプと通常のマップ情報を一体化。さらにタイル状の詳細部分の作成と抽出をより簡単に実現

「Autodesk(R) Flame(R) Premium 2012」(オートデスク フレーム プレミアム 2012)と「Autodesk(R) Flare(TM) 2012」(オートデスク フレア 2012)のExtension(エクステンション)リリース、および「Autodesk(R) Smoke(R) 2012 For Mac OS(R) X」(オートデスク スモーク 2012 フォー マック オーエス テン)Subscription Advantage Packは、強力な新しいクリエイティブ ツールとテクニカル ツールに加え、映画やテレビ放送、コマーシャルのポストプロダクションのために、より多くのデジタル ファイル フォーマットのサポートを提供します。
・新しいステレオスコピック 3D (立体視)表示モードにより、クリエーターは右目用と左目用の差異を目視で確認可能
・強化されたクリエイティブ ツールは様式化されたグラフィック エフェクトを提供し、独自のルックの作成を実現。さらにリライティング、モーションブラー、リカーシブオペレーションに関するコントロールの幅を拡張
・Flame Premiumの対応フォーマットを拡張し、HDRxサポート、MXFエクスポート、AVCHDコーデックインポートに対応。Smoke For Macは新規にApple(R) ProRes QuickTime(R)、IMXとMXF OP-1aのエクスポート、RED Epic HDRxサポート、AVCHD コーデックインポート、QuickTime wrapper へのAvid DNxHDエクスポートに対応

製品提供時期と方法
今回発表された全てのSubscription Advantage Pack、およびクリエイティブ フィニッシングの拡張機能は、現在のオートデスクサブスクリプションメンバー向けに、2011年9月末頃から提供される予定です。Subscription Advantage Packは、サブスクリプションユーザ限定で、オートデスク サブスクリプションセンター(www.autodesk.co.jp/advantagepack )、またはソフトウェア内のインターフェイスから直接ダウンロード可能です。

以上

当ニュースフラッシュに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:木下/野村
Email: autodesk@golinharris.com
Tel: 03-5484-6024

Autodesk、Maya、3ds Max、Softimage、Mudbox、Flame、Flare、Smokeは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
(C) 2011 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。