logo

高画質テレビ、ブルーレイ、ゲーム機、インターネットセットトップボックス

利用と購入意向に関する消費者調査

家電市場の発展と、新しい技術や機能の誕生によって、新しい製品がより魅力的になっている。しかし、需要の基本的な要因である価格やコンテンツの可用性は、依然重要である。3Dテレビの場合も同様で、消費者の3Dテレビへの関心は依然低い。北米や西欧では、高画質テレビなどのいくつかのカテゴリーでは、市場の成熟は早く、出荷数はすぐに下落か減速に転じる。インターネット接続や3Dは、市場の刺激要因ではあるものの、牽引力はほとんどなかった。企業は、新しい成長の機会を求めて、発展途上国への関心を高めるだろう。この調査レポートは、米国、フランス、ドイツ、英国、中国、インド、韓国の世界の主要7ヶ国の市場を調査し、購入の意思決定に影響を与える主要要因、現在のブランド毎の普及率、最近の購入(特に高画質テレビなどのプレーヤ、ブルーレイプレーヤ、ゲーム機、インターネットセットトップボックス)などについて記載している。

【調査レポート】
高画質テレビ、ブルーレイ、ゲーム機、インターネットセットトップボックス:利用と購入意向に関する消費者調査
HDTVs, Blu-ray, Game Consoles, and Internet Set-Top Boxes
Consumer Survey Results Show Usage and Purchasing Intentions
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。