logo

世界のエネルギー貯蔵技術への投資は2021年に1220億ドルに達する

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「電力網におけるエネルギー貯蔵:電力会社規模の長期エネルギー貯蔵システム向けの圧縮空気、揚水発電貯蔵、NaS電池、水力発電貯蔵、フロー電池、リチウムイオン電池 -Energy Storage on the Grid, Long Duration Energy Storage Systems: Compressed Air, Pumped Storage, NaS Batteries, Hydrogen Storage, Flow Batteries, and Lithium Ion Batteries for Utility-Scale Storage」のプレスリリースにおいて、揚水発電ストレージと高度なフロー電池は長期のエネルギー貯蔵市場の、今後10年間の収入において最も大きい部分を占めるだろう、との予測結果を発表しました。

基本には、電力網は適切に機能するためにバランスを必要とする。エネルギー貯蔵技術は、電力網のオペレータに、従来のグリッド管理に代わる新しい手段を提供するだろう。長期エネルギー貯蔵は主に、風力や太陽光発電のような再生可能エネルギー源の断続性を相殺したり、電力網の需要のピーク時間を回避したり、高額な送配電の工事費用を避けたり遅らせたりすることができる。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「電力網におけるエネルギー貯蔵:電力会社規模の長期エネルギー貯蔵システム向けの圧縮空気、揚水発電貯蔵、NaS電池、水力発電貯蔵、フロー電池、リチウムイオン電池 ー Energy Storage on the Grid:Long Duration Energy Storage Systems: Compressed Air, Pumped Storage, NaS Batteries, Hydrogen Storage, Flow Batteries, and Lithium Ion Batteries for Utility-Scale Storage」は、このような用途が促進するために、2011-2021年にエネルギー貯蔵の計画への世界の投資額は1220億ドルに達するだろうと予測している。

「電力グリッドのエネルギー貯蔵は、転機にきている。現在、世界中で、多くの新技術や、圧搾空気や揚水貯蔵などの'古い'技術の変化が起こっている。市場の機は熟しており、公益企業、電力網サービスプロバイダ、装置ベンダはこぞって、エネルギー貯蔵の分野への取り組みに注力している」と調査アナリストのAnissa Dehamna氏は語る。

揚水発電ストレージと高度なフロー電池は、長期のエネルギー貯蔵市場の、今後10年間の収入において最も大きい部分を占めるだろう。予測期間中の大容量貯蔵アプリケーションでは、高度なリチウムイオン電池、ナトリウム硫黄(NaS)バッテリ、圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)も主要技術であるだろう。

パイクリサーチ社は、この市場の様々なアプリケーションについて予測し、再生可能エネルギー、特に風力発電は、長時間エネルギー貯蔵システムの容量の半分以上を占めるだろうと予測している。総市場の内、平均化とピークシフトが31%、裁定取引(アービトレージ)が12%、T&Dアップグレード延期が7%と予測している。

この調査レポートは、新しいエネルギー貯蔵システム市場の主要な促進要因と阻害要因の分析、技術問題、12の主要国の詳細なプロフィールを記載している。長時間のエネルギーストレージ市場の世界市場の予測を地域毎、アプリケーション毎、技術毎に、収益と電力容量で予測している。過去数年間のエネルギー貯蔵市場の主要な課題と、主要なエネルギー貯蔵プロジェクトの分析も記載している。



【調査レポート】
電力網におけるエネルギー貯蔵:電力会社規模の長期エネルギー貯蔵システム向けの圧縮空気、揚水発電貯蔵、NaS電池、水力発電貯蔵、フロー電池、リチウムイオン電池
Energy Storage on the Grid
Long Duration Energy Storage Systems: Compressed Air, Pumped Storage, NaS Batteries, Hydrogen Storage, Flow Batteries, and Lithium Ion Batteries for Utility-Scale Storage
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。