logo

ARプラットフォームアプリケーション『ARAPPLI(R)』iPad 2(R)版をリリース! Apple Store銀座での「第一回スマートAR(拡張現実)カフェ」で一般公開

DHE株式会社 2011年07月06日 14時30分
From PR TIMES



この度アララ株式会社(東京都港区・代表取締役 岩井陽介)は7月前半にスマートフォン向けARアプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』iPad 2版をリリースし、同社が7月12日にApple Store銀座で企画している「第一回スマートAR(拡張現実)カフェ」にて一般公開予定であることを発表いたします。

■iPad 2版の新機能
(1) プレゼンテーションがより簡単に
通常のARはスマートフォン画面で出現するため個人で楽しむには十分でした。
しかしながらiPad 2 に正式対応することにより、画面が大きいiPadで大きくARを表示でき、一度にたくさんの方へのプレゼンテーションが可能となりました。
iPad 2版の発表は7月12日に予定しています「第一回スマートARカフェ」の中で披露いたします。
このようなイベントやプレゼンテーション等でより有効に『ARAPPLI(アラプリ)』を使用できます。

(2) キャプチャーの解像度がアップ!
iPad 2に移行することにより、写真機能のキャプチャー画像を1024pxl×768pxlで撮ることができ、より高解像度のAR写真を作成できます。

(3) 『横向き表示』
iPad 2の画面の大きさを有効に使うため、横向きで使用する場合のインターフェイスが追加されました。iPad 2の向きを変更するだけで切り替えることができ、場面に応じて使い分けることができます。

■スマートAR(拡張現実)カフェとは
日時: 2011年7月12日(火)11時〜12時
場所: Apple Store 銀座 3階(〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12)
リンク
応募方法: facebookページのARAPPLIページにて行います。 (リンク) 予約先着100名様で締切り。
内容: AR(Augmented Reality)をわかりやすく拡張していくことを目的としてソーシャルメディアやアプリ等に詳しいエバンジェリストの方々と弊社代表の岩井陽介が軽くおしゃべりをしながらカルチャー発信していくトークライブです。
第一回ゲスト:
1.佐藤伸吾さん
リンク
World End, LLC CEO/CTOで自由大学「拡張現実の過去・現在・未来」「アプリクリエイター道場」の教授。ARの著名ブログ「拡張現実ライフ - Augmented Reality Life」の著者。リンク

2.イケダハヤトさん
リンク
株式会社トライバルメディアハウスにてSMM(ソーシャルメディアマーケティング)コンサルティング事業部立ち上げの後独立。大手企業を中心に十数社のソーシャルメディアマーケティング施策の立ち上げを支援。
講演、執筆を中心に活動中。著書に「フェイスブック(講談社)」「フェイスブックマーケティング(共著・翔泳社)」がある。
イケダハヤトさんのブログ リンク

3.「アプリソムリエ」石井寛子さん、TOMOさん
リンク

アプリソムリエ:
彼女達は既にそれぞれ1000以上アプリをダウンロードし、それを細かく分析と評点をつけてます!!

アプリソムリエを通じてアプリの情報を発信していきます。
面白アプリ・役立つアプリ・残念アプリ、アプリソムリエ達のあくまでも個人目線で感じたことを囁いております。
ITに特別詳しいわけでもなく、普通の女の子目線でのことなので、より身近に感じて頂ければと思います。
(順不同)

ナビゲーター:  岩井陽介
アララ株式会社 代表取締役CEO
株式会社レピカ 代表取締役CEO
元株式会社サイバード創業者

アラプリは、昨今話題となっている最先端技術AR(Augmented Reality/拡張現実)を活用したスマートフォンアプリです。QRAR(R)マークをトリガーにして、動画・3DCG・アニメーション等リッチなARコンテンツをダウンロード。一つのアプリで、無限にARコンテンツを展開できる、ビジョンベース型ARプラットフォームサービスです。
スマートフォンユーザーは、このアラプリをダウンロード後、独自に発行されたQRARマークをスマートフォンでかざすだけで様々なARコンテンツを楽しむことができます。

アララ株式会社では、独自に開発したスマートフォン向けARアプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』の普及を促進し、ARを使った様々なサービスの展開を図ることで、“ARをもっと身近に!もっと生活の中にある!”そんな社会の実現を目指しています。

AR(Augmented Reality)とは
日本語訳は「拡張現実(感)」目の前にあるリアルな世界に、本来そこにはないバーチャルなモノや情報を重ね合わせる技術やその映像のことを言う。中でも『ARAPPLI(アラプリ)』の採用するARは、ビジョンベース型ARと呼ばれ、カメラを通して現実に存在する対象物の上にバーチャルな画像を重ね合わせるもの。

『ARAPPLI(アラプリ)』とは
QRARマークをトリガーにして、動画・3DCG・アニメーション等リッチなARコンテンツをダウンロード、ひとつのアプリで無限にARコンテンツを展開できる、ビジョンベース型ARプラットフォームサービスです。iPhone(R)、Android(TM)アプリとして無料提供しています。

『ARAPPLI』の使い方
1.iPhone「App Store」、Android(TM)「Android マーケット」から、『アラプリ』をダウンロードします。
2.アラプリを起動し、QRARマークを撮影すると、ARコンテンツがダウンロードされます。
3.黒枠に、カメラをかざすと、ARコンテンツが出現します。
4.一度ダウンロードしたARコンテンツは、コレクションフォルダに保存されるので、ダブルタップで出現し、ピンチイン/ピンチアウトで大きさを変えられます。

【アララ株式会社】
2010年10月設立。 AR(拡張現実)技術を活用できるプラットフォームを独自開発・提供する会社。2010年12月にQRコードで簡単にARを実現するスマートフォン向けアプリ「ARAPPLI」を発表。株式会社レピカ100%子会社。
リンク

※ 「アラプリ」はiOS4.1以上のiPhone・iPod touch(R)・iPad 2(R)、Android(TM) 2.2以上(推奨)の端末専用となります。
※ iPhone、iPod touch、iPad 2は、Apple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※ Android(TM)は、Google Inc.の商標です。
※ QRAR及びARAPPLI(アラプリ)は、アララ株式会社の登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。
※DHE株式会社は、ARAPPLIの制作/プロモーションを担当しております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。