logo

計測メーターのデータ管理は2018年までにほぼ10倍増で4億9000万ドルに

*米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「メータデータ管理 (MDM) 向けソフトウェアと管理サービス市場調査:データVEE、データ受信、ユーティリティ最適化、スマートグリッド最適化、グリッド効率、AMI管理、アグリゲーション、記録用システム-Meter Data Management:Software and Managed Services for Data VEE, Data Receipt, Utility Optimization, Smart Grid Optimization, Grid Efficiency, AMI Management, Aggregation, and System of Record Applications」のプレスリリースにおいて、世界のMDM市場の収益は、2011-2018年に5200万ドルから4億9000万ドルまで成長するだろう、との予測結果を発表しました。

電力会社などの公益企業の計測において、データ収集という中心的な役割を果たす、メーターデータ管理(MDM)システムは、スマートグリッドの最重要なポイントである。これらのシステムは、受信したデータを有効化して編集し、集積して整え、適切なインターフェースを通して、他のITアプリケーションでも利用できるようにする。例えば、MDMシステムはしばしば課金、詐欺防止、供給停止管理などの用途と連動している。ひとつのスマートメーターの採用は、いくつかの高度な計測システム(Advanced Metering Systems)に、様々なネットワークトポロジーでつながっており、公益企業はほとんどの場合、ひとつのMDMシステムしか所有していないが、それはスマートメーターデータの集約センターであるためである。

米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「メータデータ管理 (MDM) 向けソフトウェアと管理サービス市場調査:データVEE、データ受信、ユーティリティ最適化、スマートグリッド最適化、グリッド効率、AMI管理、アグリゲーション、記録用システム - Meter Data Management: Software and Managed Services for Data VEE, Data Receipt, Utility Optimization, Smart Grid Optimization, Grid Efficiency, AMI Management, Aggregation, and System of Record Applications」は、 スマートグリッドの採用の拡大によって、MDMシステムと関連するプロフェッショナルサービスの市場は大きく拡大し、世界のMDM市場の収益は、2011-2018年に5200万ドルから4億9000万ドルまで成長するだろうと報告している。この市場の内訳は、MDMソフトウェアは65%、MDM関連のプロフェッショナルサービスは35%だろう。

「メータのデータ管理システムは、転換期に来ている。従来は、手動の作業を少なくして、メーターの検針データから正確な請求書を作成する自動化計算システムであった。現在、MDMシステムは、スマートグリッドの重要な位置を占めており、高度計測インフラの主要な部分となっている」とシニアアナリストのBob Lockhart氏は語る。

さらに、この新しいビジネスチャンスをつかむために、運営や顧客対応に慣れたベンダがMDM市場に参入していると、Lockhart氏は述べている。同時に、MDMの必要要件が従来とは大きく異なることや、次世代のMDMシステムの構築や配信が大きく異なることなども指摘している。この新たな市場勢力図は、eMeter、EnergyICT、Ecologic Analytics、AclarなどのMDM専業ベンダ、Itronのような独自のMDM一式を提供するメーターメーカー、OSIsoftのようなリアルタイムデータとイベントベンダ、SAPやオラクルなどの経営資源利用計画(ERP)ベンダに彩られている。

この調査レポートは、新しいMDMシステムの市場を分析し、MDMの24のアプリケーション分野と三層のサービスレベルについて査定している。この調査レポートは、MDM市場の現状を分析し、ビジネスケースと公益企業の意思決定のための基準を論議し、技術的な問題を特定している。主要な企業の詳細な情報と、サービスレベル毎や世界の地域毎の2018年までの市場予測も行っている。



【調査レポート】
メータデータ管理 (MDM) 向けソフトウェアと管理サービス市場調査:データVEE、データ受信、ユーティリティ最適化、スマートグリッド最適化、グリッド効率、AMI管理、アグリゲーション、記録用システム
Meter Data Management
Software and Managed Services for Data VEE, Data Receipt, Utility Optimization, Smart Grid Optimization, Grid Efficiency, AMI Management, Aggregation, and System of Record Applications
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。