logo

完全移行直前、『地デジ』に関する質問の動向を調査

地デジに関する質問は昨年よりも増加、いかに安価に対策するか、対応済みでも視聴状況に関する相談が多数

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、同社が運営する日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(http://okwave.jp)のユーザーから寄せられた『地デジ』に関する直近の質問内容を調査。その結果、質問者の半数が『地デジ』対策を完了させているなか、「デジタル放送」の視聴状況の不具合についての相談が多いことから、「デジタル放送」に切り替え後、様々な不安を感じている人が多いことが伺える結果が分かりました。

Q&Aサイト「OKWave」では、『地デジ』に関する質問投稿数が、ここ1年で3,228件(2010年6月1日~2011年5月31日)と前年同期比120%増(2,646件)に拡大し、『地デジ』に関する情報交換が日々活発化しています。そこで、「地上デジタル放送」完全移行を目前に控え、直近1ヶ月(2011年5月1日~31日)の質問内容(214件)を調査・分析しました。

投稿された質問を『地デジ』対策の進捗状況別に見てみると、完了している人が46%(100件)、計画中が40%(87件)、その他11%(34件)となっています。『地デジ』対策の計画をしている人達は「アンテナ工事を安く上げる方法は?」「アナログテレビを使うか、地デジ対応テレビを購入するか迷っています。」「チューナーを購入予定です。安い物を教えてください。」など、『地デジ』対策を安価に済ませる方法を相談する質問が8割以上となっています。
一方、『地デジ』対策を完了した人達の質問内容を見てみると録画やダビングなど周辺機器に関する質問が49%(45件)、視聴状況に関する質問46%(42件)に大別されます。「曜日によって映りが悪い」「雨が降ると画面がチラつきます。」「地デジ対策をしてから、地元局が見られなくなった。」「デジタル放送の画面がチラつきます。」など、地域や居住環境によって、デジタル放送が映りにくいという相談が目立ち、迫る地デジ完全移行に向けまだまだ不安な点が少なくない事が伺える結果となりました。

■『地デジ』に関する質問数の推移

2009年6月1日~5月31日:2,190件
2010年6月1日~5月31日:2,646件
2011年6月1日~5月31日:3,228件

■進捗状況別割合

対応済み:46%
準備中:40%
不明:13%

■『デジタル放送』についての相談内容

録画・ダビング:45%
視聴状況:42%
その他:13%

■株式会社オウケイウェイヴについ
リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界の潮流のソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(リンク)を開設しました(月間PV:1億400万以上 ※2011年3月末現在、本体サイト)。「OKWave」ユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」として大手ポータルサイトなど140サイト以上が連携。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するFAQ作成管理ツール「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を開発し、サポート市場を中心に大手企業、自治体等220サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、国内最大規模のソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」(リンク)、Twitterと連動したQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」(リンク)、モバイルでの各種専門Q&Aサービス等、2012年に20ヶ国語、200ヶ国へのサービス提供を実現することで、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出してまいります。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

『地デジ』に関するOKWaveへの質問の状況

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事