logo

仮想デスクトップ

ノートンゴースト、シトリックス XenDesktop、ヴイエムウェアビューなどのソリューション

仮想化とは、デバイス、PC、またはリソースの仮想のバージョンを作成して、物理ホストマシン上で仮想的に操作するという方法である。リソースをより効率的に活用するために、1台のハードウエア上に複数の仮想マシンを作り、同時に作業させるということである。多くの場合、仮想マシンは物理マシンと同等の機能を提供し、仮想リソースは物理リソースと同様に操作できる。今日のITでは、デスクトップPC、サーバ、記憶装置、そしてネットワークやアプリケーションはすべて仮想化されている。 この調査レポートは、企業の物理的なパソコンに代わって、サーバ上で動く仮想PCや、デスクトップやシンクライアントPC、その他のデスクトップPCやモバイルデバイスで遠隔で接続したりする、仮想デスクトップ市場を調査している。仮想デスクトップを支える技術やエコシステム、主要な市場傾向、促進要因と課題などを調査している。2009-2016年の仮想デスクトップの総出荷数、平均価格、収益の予測を、世界と主要地域の年間と累積で記載している。主要ベンダの詳細も掲載している。


【調査レポート】
仮想デスクトップ:ノートンゴースト、シトリックス XenDesktop、ヴイエムウェアビューなどのソリューション
Desktop Virtualization
Norton Ghost, Citrix XenDesktop, VMware View, and Similar Solutions
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事