logo

政府と医療の市民IDカード

運転免許証、健康保険証、住民登録証、パスポートなどのスマートカード

政府と医療に関するID書類の総数は、世界の人口増加に伴って増加している。政府は、詐欺行為を防御し、複数のサービスを1つの書類に統合し、投資に見合う、市民にとってより便利なサービスや利用を提供できるような、新しい効率的で効果的な方法を模索している。そのために、スマート技術を使用する、より安全性の高いIDと医療の統合型の書類への注目が高まっている。国際線の航空機間の規制によるパスポート以外では、このような書類の標準化を進めているのは政府であり、それを可能にする認証やバイオメトリック、安全な印刷ソリューションなどの改良された方式への需要が高まっている。この調査レポートは、この市場のインフラの計画や採用の促進要因と阻害要因を調査し、この市場の将来性と採用についてのABIリサーチの見解を述べている.


【調査レポート】
政府と医療の市民IDカード:運転免許証、健康保険証、住民登録証、パスポートなどのスマートカード
Government and Healthcare Citizen ID Cards
Smart Cards in Driver's License, Healthcare, National ID, Passport, and Other Applications


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。