logo

セキュリティプラットフォーム Ver.3.0をリリース!すべてのアプリケーションからの情報漏洩防止が可能に

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大江尚之)は、弊社が開発・販売する情報漏洩対策ソフトの最新バージョン「セキュリティプラットフォーム」Ver.3.0を6月8日にリリースしたことを発表します。


最新の調査資料※によると、年間572万人の個人情報流出が報告されています。また、2011年には史上最大規模の漏洩が発生するなど、情報漏洩に関する深刻な事態が後を絶ちません。また、昨今は個人情報だけでなく、技術資料や機密資料の流出も取りざたされています。


セキュリティプラットフォーム Ver.3.0では、持ち出し制限機能(Write制限)の対応範囲を拡張し、自動暗号化機能とあわせて運用することで、業務効率を落とすことなく、実質すべてのアプリケーションからの情報漏洩を防止することが可能になりました。「利便性の向上」「安全性の追求」をコンセプトにし、高セキュリティでありながら、運用の手間がかからない仕組みを構築しております。


<新機能>
・持ち出し制限機能(Write制限)強化 
IPによるデータ送信(TCP/IPまたはUDP/IPベースのデータ送信)の制限
   Bluetoothによるデータ転送の制限
   →すべてのアプリケーションからの漏洩防止が可能に
・社外への情報持ち出し時にユーザへ注意喚起できる文言表示機能を搭載
・使いたい機能だけ追加が可能になる部分アップデート機能を搭載


<掲載サイト>
セキュリティプラットフォーム Ver.3.0  リンク


今後は、中堅中小企業向けセキュリティソリューションの開発も進め、更なる市場拡大を目指します。また、情報漏洩の実態を社会に対して啓蒙しセキュリティ意識の向上に貢献して参ります。


※引用:日本ネットワークセキュリティ協会「2009年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」第1.1版(2010年9月改定版)


以上


【参考】

<会社概要>
・ 名称 :ハミングヘッズ株式会社
・ 設立 :1999年10月25日
・ 代表者:代表取締役社長 大江尚之
・ 所在地:〒104-0052 東京都中央区月島1-2-13
・ 資本金:38,140万円
・ 事業内容:コンピュータプログラムの開発・販売およびコンサルタント業務
・ URL  :リンク

<セキュリティプラットフォームについて>
情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」は、自動暗号化機能・防止機能・履歴機能をあわせもつ統合型セキュリティソリューションです。あらゆるセキュリティ対策を1つのツールで実施することで、導入・運用コストを大幅に削減します。
リンク


本リリースに関するお問い合わせ
【報道関係の方】
ハミングヘッズ株式会社 マーケティング・広報担当
〒104-0052 東京区中央区月島1-2-13 TEL:03-3531-4152(直通) E-mail:pr@hummingheads.co.jp

【製品・サービスに関するお問い合わせ】
ハミングヘッズ株式会社 営業部
TEL:03-3531-7281(代表) E-mail:sales@hummingheads.co.jp


※本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。
※ハミングヘッズセキュリティプラットフォームは、ハミングヘッズ株式会社の登録商標です。
※その他、記載しているブランド名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事