logo

エフセキュアのクラウド型 エンドポイント セキュリティ ソリューションがMac OSに対応

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都港区、日本法人代表: 桜田 仁隆、以下 エフセキュア) が、「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス ワークステーション Mac版」を2011年5月26日より提供開始します。同ソリューションは、大学、医療機関、制作会社などMac OSクライアント導入率の高いユーザのIT環境の保護だけでなく、Windows OSおよびMac OS混在環境を一元管理したいユーザまで、幅広いニーズに対応しています。

昨今、Mac OSの人気は高く、個人ユーザ、ビジネスユーザ共に利用率が高まっています。過去、長きに渡りMac OSはクリエーターや制作会社、広告代理店の利用する標準プラットフォームでした。しかし、現在、多くの会社がWindows OSとMac OSの混在環境を有しています。また教育現場におけるMac利用率も高まっています。このようなMac OSの市場シェアの成長に伴い、Mac OSをターゲットにした脅威が増えてきています。

この度の 「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス ワークステーションMac版」 のリリースは、拡大するMac環境の保護を実現します。

同ソリューションは、いかに簡単に利用でき、いかに速く動作するかというパフォーマンスを重要視して設計されています。Mac OSをターゲットにした脅威に対し、自動的にあらゆるマルウェアを検出し、削除することでリアルタイムプロテクションを提供します。セキュリティの脅威が急速に変化している現状において、エフセキュアの自動アップデート機能は、よりセキュアなMac利用環境の実現を可能にします。

「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス」 は、SMB層の企業や拠点分散型の事業形態を持つ企業向けにデザインされたクラウド型のエンドポイントセキュリティソリューションです。

ウイルス定義ファイル、Hotfix並びに最新ソフトウェアの全自動アップグレード機能、容易に保護対象端末を運用、監視することができるWebベースの管理ポータルを利用することでユーザは最低限の投資コストと工数で保護対象端末を最新のセキュリティ状態に保つことができ、従来の業務に必要な人、時間、投資を集中させることができます。

Windows OS、Mac OSの混在環境での利用が想定される中、いかに容易に保護対象端末をセキュアな状態に保ち、いかに簡単に運用管理を徹底させることができるかが、今求められるソリューションであると考えます。「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス」 はそのようなニーズに確実に応え、複雑なIT環境化のセキュリティ対策をより確実なものにします。

「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス ワークステーション Mac版」 は、Windows OS、Mac OSが混在する環境を有する企業、大学、医療機関、制作会社、広告代理店などを主要ユーザとし、エフセキュアの販売店および認定サービスパートナー経由で提供されます。導入価格例として50ユーザの利用環境の場合、1ライセンス年間4,250円(税別)となります。

--------------------------------------
「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス ワークステーション Mac版」 について
--------------------------------------
■ 主要機能:
 - パフォーマンスを重要視し設計され、簡単で速い操作性
 - 全自動更新によるウイルス、スパイウェアからのリアルタイム保護
 - 「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス」 管理ポータル による一元管理
 - Windows版と単一ライセンスキーでインストール、運用可能

■ 対応OS:
 - Mac OS X10.5
 - Mac OS X10.6

■ 価格:
1-24ライセンス 新規価格5,200円 更新価格3,900円
25-99ライセンス 新規価格4,250円 更新価格3,180円
100ライセンス以上 新規価格3,250円 更新価格2,430円


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。