logo

喉元過ぎても・・・心の奥底に漠然とした先行き不安 ~ 震災2ヶ月後調査結果 ~

1ヵ月後調査と比較して震災の直接の影響は減るも、「先行き不安なのでなるべく節約」のGW

株式会社クロス・マーケティング(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐幹)と、株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都中央区、代表取締役:桑田瑞松)は、震災1ヵ月後調査に続き、「第2回 首都圏における震災後の生活と消費の意識に関するアンケート[震災2ヵ月後調査]」を実施し、本日結果の一部を発表いたしました。

その結果、日々の生活はほぼ元に戻ったと感じながら、今後の景気や物価に対する不安感がまだまだ影を落としており、GWのレジャーが安近短の傾向にあった背景には、「今年は家計が苦しいから」「今後収入が減るかもしれないから」「先行きが不安なのでなるべくお金を節約」といった思いがあったことがわかりました。

 また、夏に向けて「電力不足による不便な生活」に不安を「非常に感じる」が、37%→39%と上昇、節電を常に意識しつつも、「節電してほしくないもの」として「電車の運行本数」「街灯や道路の照明」「電車の空調」があげられ、公共サービスの節電によって利用者や住民の生活不便の感覚が強まっている様子が見られます。

 この調査結果のレポートは、本日5月20日より定価30,000円にて販売いたします。詳細につきましては、弊社HP リンク をご覧ください。


■調査結果トピックス
 ●震災の直接の影響は減退しつつあるが、依然強い先行き不安感。

 ●今年のGWはレジャーの規模や出費の抑制が明確に。その背景には家計の先行きに対する不安が。
     
 ●節電のため減らしてよいもの、減らしてほしくないもの


■調査概要
【今回調査】
 調査時期:2011年5月12日(木)~2011年5月15日(日)
 調査対象者:首都圏40km圏に居住する18才~74才男女個人(昨年10月調査回答者を対象とする。年齢は昨年10月時点のもの。)
 有効回答数:3,050サンプル
 調査手法:インターネット調査

【実施時期および有効回答数】
 詳細レポートでは、昨年10月調査との回答比較もしています。
 前回調査:2011年4月8日~4月11日 [3,088サンプル]
 昨年調査:2010年10月20日~11月1日 [4,260サンプル] 

※いずれの調査についても、性別、年齢別に首都圏の人口構成比に比例するよう回答データに補正(ウェイトバック)をかけている。



■本資料に関するお問い合わせ先■
株式会社クロス・マーケティング 社長室 広報担当 大島 
 TEL:03-3549-0603      e-mail:pr-cm@cross-m.co.jp
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント 販促サポートチーム 小林・鈴木 
 TEL:03-5642-7711(代表)   e-mail:radnews@rad.co.jp

■調査内容に関するお問い合わせ先■
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント 開発・研究チーム 野口・小川  
 TEL:03-5642-7711(代表)   e-mail:radnews@rad.co.jp


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

 <例> 「クロス・マーケティングとリサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調査によると・・・」



【東北地方太平洋沖地震について】
 このたびの三陸沖を震源とする大震災により被災された皆さま、そのご家族・ご関係者の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興と、被災された地域の皆さまの安全とご健康を心よりお祈り申し上げます。

 株式会社クロス・マーケティングでは、国民生活・企業活動に関わるマーケティング活動の支援を通じて、被災地の復興および被災者の救援に貢献させて頂きたいと考えております。

 尚、本地震による被災地の復興および被災者の救済に役立てて頂くため、関係会社である株式会社リサーチパネルを通じ調査アンケートにお答え頂いたポイント謝礼額の5%相当を、日本赤十字社を通じて義援金として寄付させて頂きます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事