logo

第4回情報システム学会シンポジウム「災害と情報システム」講演者が決定!

5月21日(土)青山学院大学青山キャンパスにて開催

社団法人 情報システム学会は、「災害と情報システム」を緊急テーマとした法人移行記念/第4回シンポジウムを5月21日(土)に開催。このほど講演者が決定いたしました。

人間中心の情報システムを志向し,ビジネス・研究領域の融合や情報システム人材の育成を目的とした社団法人 情報システム学会(会長:竹並 輝之 新潟国際情報大学教授)は、第4回シンポジウムを開催いたします。

「災害と情報システム」を緊急テーマとして行われるシンポジウムは、震災対応の現場にいる人達や情報システムに携わっている人達が、今回の災害に直面して、どのような状況に置かれ、何を考え、どのような行動をとったのか、「現場の生の声」を中心に展開していきます。

このほど村山優子氏(岩手県立大学:「東日本大震災での岩手IT支援活動の紹介」)、奥村晴彦氏(三重大学:「非常時データ提供の問題点」)、今関靖英氏(日本アイ・ビー・エム:「災害時の社会機能担保の視点からの課題」)の3人の講師が決定いたしました。

また今回のシンポジウムは、本年4月1日より一般社団法人として活動をスタートした情報システム学会の法人移行記念として開催されます。

■日時 2011年5月21日(土) 13時〜17時
■会場 青山学院大学青山キャンパス 総研ビル(14号館)11階 第19会議室
 地図 リンク
■内容 「災害と情報システム」を緊急テーマとしたシンポジウム
■講演
【講演1】「東日本大震災での岩手IT支援活動の紹介」
村山優子氏(岩手県立大学 ソフトウェア情報学部教授)
【講演2】「非常時データ提供の問題点」
奥村晴彦氏(三重大学 教育学部教授)
【講演3】「災害時の社会機能担保の視点からの課題」~岩手県災害現場支援のIT活用の現実~
今関靖英氏(日本アイ・ビー・エム 公共事業官公庁第三第二営業部長)
■その他詳細は第4回シンポジウムホームページ リンク


[情報システム学会(Information Systems Society of Japan)について]
人間中心の情報システムを志向し,ビジネス・研究領域の融合や情報システム人材の育成を目的とした学会(設立:2004年)で、2011年4月1日より一般社団法人として活動を開始しました。
学会の主要なテーマとして、情報システム人材の育成、実務家と研究者の交流、これからの情報システムのあり方の追及が挙げられます。
事務局所在地:〒102-0081東京都千代田区四番町4-13 I・S四番町ビル4F(旧:井上ビル) 
電話:03-6380-9514(事務局員不在時は留守番電話、FAX兼用)
URL:リンク

関連情報
http://www.issj.net/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事