logo

オーバーザトップ (OTT)とミドル(TTM)ビデオ

広告、加入、レンタル、販売市場

現在のメディアは、個人化や即座に満足を得られること、幅広さによって支えられている。消費者は、音声やビデオの配信に適切な帯域幅を提供できる高機能のモバイルプラットフォームやインターネットの適用範囲の拡大によって、どこでもなんでも視聴できることが当たり前になりつつある。30歳以下の消費者や新興市場では、コンテンツによる友人たちとのソーシャル活動や相互機能によって促進されている。OTTコンテンツプロバイダは、ウェブの顧客に限定し、モバイル機器、タブレット、テレビなどの新しいデバイスに急速に転換している。この調査レポートは、放送、ケーブル、衛星、通信業者のビデオサービスプロバイダなどのサービスプロバイダの戦略を調査し、主要製品について述べている。重要でユニークなOTTサービス、ハイブリッド(従来型とインターネット提供)のビデオサービス、OTTコンテンツへのオペレータのユニークな対応などの、世界のOTTビデオサービスについて説明している。北米、西欧、アジア太平洋などの世界のOTTビデオサービス市場を調査し、加入者ごとの収益、PPV/レンタル、購入、広告主支援のコンテンツによるOTTビデオ収入などに区分している。


【調査レポート】
オーバーザトップ (OTT)とミドル(TTM)ビデオ:広告、加入、レンタル、販売市場
Over the Top (OTT) and Through the Middle (TTM) Video
Advertising, Subscription, Rental, and Sale Markets
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事