logo

屋内無線システム

アクティブとパッシブのDAS、リピータ、ピコセル、フェムトセル

ビルの無線通信は、通信業界の様々なセグメントから関心が持たれている。まず、屋内無線システムは、ビル内の受信エリアを拡大し、信号を増幅するために使用された。スマートフォンなどのデータ中心のデバイスが登場して、モバイルネットワークのデータトラフィックが増加し、屋内無線は主に音声などの信号の適用範囲を改善し、データ中心や帯域幅を消費するサービスの容量を増大した。屋内無線システムはまた、屋外に配信する基地局の負担を軽減し、結果的にネットワークの容量を増大させることができる。世界的な経済不況後に建築が回復し、多くの建造物で屋内無線や、屋内無線の導入が容易な設計の受容が進んでいる。屋内無線システムには、アクティブとパッシブの分散アンテナシステム、リピータ、ピコセルネットワークやフェムトセルがあり、これらの技術がこれまでも今後も主要なドライバであるだろう。この調査レポートは、屋内無線におけるアクティブとパッシブの分散アンテナシステム、リピータと、ピコセルやフェムトセルの現在の役割を調査している。現在は、DASが注目を集めているが、フェムトセルとピコセルや、屋内無線システムにおける役割と、屋内無線の性能をいかに向上させるかについて調査している。リピータについても触れ、屋内無線の最新の発展段階における注目点と、屋内システムにおける役割に注目している。収益、普及、地域ごとの出荷数、システムの種類、垂直市場のタイプと建築規模(体積)なども記載している。


【調査レポート】
屋内無線システム:アクティブとパッシブのDAS、リピータ、ピコセル、フェムトセル
In-building Wireless Systems
Active and Passive DAS, Repeaters, Picocells, and Femtocells
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。