logo

Enova Systems、2011年度第1四半期における収入217%増、7期連続の売上総利益増加を発表、また中国・欧州へ進出

Enova Systems 2011年05月17日 15時00分
From JCN Newswire

TORRANCE, CA, May 17, 2011 - ( JCN Newswire ) - 急成長している環境にやさしい商業車向けの独自のハイブリッド車およびすべての電気自動車のドライブシステムおよびドライブシステムコンポーネントのリーディング企業であるEnova Systems(NYSE AMEX: ENA、AIM: ENV/ENVS)は、2011年度第1四半期の業績を発表しました。同社では、北米における積極的な展開に加え、China Southern Rail Corporation Limited (CSR)および英国を拠点とする主要OEMを通じて、市場を拡大することを強調しました。

成長ハイライト

- 2011年度第1四半期における収入は2.9百万米国ドル、前年同期比217%増
- 2011年度第1四半期における総収益は前年同期比164%増
- 売上総利益は7期連続で増加

Enova社長兼CEO(最高経営責任者)のMike Staranは次のように述べています。「2011年度第1四半期は収入が堅調に増加し、7期連続で売上総利益が増加しました。我々は北米における積極的な展開と併行して、中国および欧州において新しい提携先を増やしたことにより、大幅に機会を拡大しました。」Staranはまた次のように述べています。「引き続き好調な今期の業績を受けて、我々は、少なくとも今後12ヶ月において、現在の現金残高および顧客からの売掛金による予想キャッシュインフローが、運転資金および設備投資に充てるのに十分であると見込んでいます。」

本リリースの関連PDFは以下のリンクをクリックするか、もしくはウェブブラウザに貼り付けることで閲覧できます。
リンク

概要:Enova Systems

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。